むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

カテゴリ: スマホ

この度auのガラホを使うことに。
だけど、2台は持ちたくない。

なので1台にならないか検討。

そこで分かったことは、auガラホのSIMは、au側でIMEI制限をかけていてauのガラホしか使えないらしい。なんて心の狭いキャリアなんだと思いましたが・・・。
https://mymobile-wifi.com/volte-sim-au-nano-ic-card-04

だが、なんと!!たまたま購入していたUMIDIGIのZ2はIMEIの書き換えができて使えるようになるらしいではないか!!

というのも、Mediatekは、IMEIを書き換えるツールを公開している。
しかもroot化も必要ないらしい。
これは試してみなければ!!
(※IMEIは自分が持ってる端末のものを使いましょう!!適当に入れるとか何が起こるかわからないので他人に迷惑をかけるような行為は絶対にやめましょう)


自分はここのサイト様を参考に、必要なファイルをダウンロード、実行してみました。
https://platzblog.com/pc_smartphone/troubleshooting/sn-write-tool-imei-change-memo


・・・が、色々トラブルがあって書き換えができなかったので、成功した方法を自分で書き直ししてみました。(といってもドライバのインストールだけなんですが)


必要なファイルは3つ。
1.対象のスマホのROMデータ
https://community.umidigi.com/forum.php?mod=viewthread&tid=18616&extra=page%3D1
>>>ROM<<<っていうところのやつをダウンロードします。(1.2GBあります)
ただ、実際に必要になるのは、MODEMファイルとAPDBファイルだけです。


2.VComドライバ
windows10では不要と書いてあったのですが、何回やっても失敗するので、ドライバをインストールしたらうまくいったので、必須かなーと。
ROMデータのダウンロードページに一緒に置いてあります。
MTK_Driver_Auto_Installer_SP_Drivers_20160804.exe
↑念のため直リンク


3.IMIE書き換えのツール(SN Write Tool)。ここから最新版をダウンロードします。
https://androidmtk.com/download-sn-write-tool



さて、ダウンロードできたら次は環境を整えます。

1.既存のIMEIと購入したガラホ携帯のIMEIをメモしておきます。
 電話アプリから「*#06#」と入力すれば確認できます。
 戻すことも考えて、UMIDIGIのデフォルトのIMEIも2つとも記録を残しておきましょう!!

2.スマホの電源をOFFにします(PCと接続できるケーブルも準備)。

3.SIMを入れます(電源はまだ入れない)。

4.USBのケーブルのPC側だけつないでおきます(まだスマホとは接続しません

5.ダウンロードしたROMデータを解凍し、必要なファイルを探しておきます。
必要なファイルは2つ。
(1)APDB_MT6763_S01_alps-trunk-o1.bsp_W18.36_ENUM
(2)MDDB.META_MT6763_S00_MOLY_LR12A_R2_MP_V54_1_ulwctg_n.EDB
※ファームのバージョンによって若干ファイル名が違うかもしれません。
似たような名前のファイルがあるので、その際はファイルサイズが小さいほうを選ぶようにするといいと思います。



6VComドライバをインストールします。
※再起動が必要になります。


7.SN TOOLを解凍し、フォルダ内の「SN Writer.exe」をダブルクリックして、起動します。
 必要な初期設定をして、書き換えを実行します。
 (初期設定)
 1)ComPort:「USB VCOM」、targetType:「SmartPhone」 を選択。
sn1


 2)System Configボタンをクリック、次の場所だけにチェックを入れる。
   ・WriterOption→IMEI
   ・IMEIOption→IMEI CheckSum、Dual IMEI
   ・HeaderOtion→IMEI_1 Header、IMEI_2 Header(内容は空白)


 3)モデムDBをAPDBに次のファイルを選択する
  MD1_DB:MDDB.META_MT6763_S00_MOLY_LR12A_R2_MP_V54_1_ulwctg_n.EDB
  AP_DB:APDB_MT6763_S01_alps-trunk-o1.bsp_W18.36_ENUM
sn2


 4)Saveをクリック

(いよいよ書き換え)

 5)Startをクリックし、IMEIを入力する
  ※SIM1とSIM2両方記入しましょう。

 6)IMEIを入れたら、Startをクリックします。

 7)プログレスバーが途中でとまり、「Start searching preloader com port and handshake...」とメッセージが表示されているのを確認します。

 以上でSNツール上での操作は終わりです。この後、端末側での操作になります。

8.端末のボリューム「ー」を押しつつ、端末にUSBをつなぎます。

9.画面左下に、小さくMETA MODEと表示されたらボリューム「ー」の手を離す。

10.しばらくするとプログレスバーが動き始めて、処理が終了する
    (ツール上の実行結果はFaildでしたが・・・)

11.自分の端末では、書き換えが成功したら勝手に再起動しました。
   (ドライバを入れていないとき(失敗したとき)はそのまま充電モードになりました)

以上で書き換えが完了しているはずです。端末起動後、IMEIを確認します。




書き換えが完了したら、実際に使ってみましょう!!
APNの設定は、以下の通り。
(端末にSIM刺したら標準でAPNリストが出てきたので、その中のKDDIを選択しました)
 名前:任意
 APN:au.au-net.jp
 ユーザ名:user@au.au-net.jp
 パスワード:au
 MCC:440
 MNC:51
 APNタイプ:default
 APNプロトコル:IPv4/IPv6
 APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
 
SIMは正常に認識した!

Screenshot_20190319-094851

で、肝心の電波の状態は・・・

Screenshot_20190319-094936

うおう!!DualVoLTE!!
興奮するぜ!!


発着信も問題なし!!
auガラホが使えるようになったーーー!!
これで1台持ち!!

UMIDIGI万歳!!


ここまでの手順から、条件をざっくりと考え直してみると、
 〇MediatekのSoC
 〇スマホのROMデータ(モデムDBとAP_DBファイル)
があればいけるんじゃなかろうか。

色々あってUMIDIGI A3 Pro を買いました。
(Z2SEも併用中)

最近になって、UMIDIGI製品がAmazonで買えるようになりました!
https://www.amazon.co.jp/UMIDIGI-A3-Pro-SIM%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-1%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88/dp/B07MMSQ7FJ/ref=sr_1_1_sspa?ie=UTF8&qid=1546939950&sr=8-1-spons&keywords=umidigi+a3+pro&psc=1
A3pro


特徴としては
 DSDV+SDカード(LTEのみB19対応、なのでドコモMVNOで利用可能)
 指紋認証と顔認証対応
 そこそこなカメラ(自然な画。nova lite2はへたくそな絵でしたので、それに比べたら全然よい!)
 素のAndroid
 安い!!

残念な点は
 microUSB
 11aは対応しているがacには対応していない
 カメラのフォーカスが遅い、暗いところが弱い


残念な点はありますが、それでも1万で買える端末としてはコスパ最強じゃないでしょうか。

気になる点としては技適ってどうなってるんだろうというところです。


追記 2019・1・20

メイン端末をZ2に戻しました。
(Z2は一度水没させてしまい、カメラがおかしくなったので利用をあきらめていましたが、時間がたったら復活しました)

理由としては
 ・入力がうまくいかない。
これに尽きます。

処理速度の問題から、フリックのスピードに処理が追い付かず、入力ミスが多発してしまい、
イライラすることが多くなったためこの度メイン端末をZ2に戻した次第です。

水没端末を使うのは、いつまたおかしくなるかわからないのでちょっと気が引けるのですが、入力ミスがあまりに多発するのでさすがに・・・・。


ずーっとNexus5X使ってきましたが、このところの韓国のダメダメぶりをみて、さすがに使うのがいやになってきたため、乗り換えを検討。
第一候補はモトローラで、ファーウェイやOPPOも検討しましたが、あまりに面白くない。人と違うものが使いたい!!ということでネット上を物色してついに見つけました

 UMIDIGI
http://www.umidigi.com/


ネット上ではドコモのローカル周波数(LTEのBand19)にも対応していて、コスパもいいということで結構有名になってたみたいです。知らなかった。

で、さんざん迷った挙句、Z2 SpecialEditonを購入してみることにしました。
UMIDIGI-Z2-Special-Edition-pre-order-700x1024


決め手は価格とカメラの性能バランス。
カメラのセンサーがサムスン(韓国かよorz・・)のフラグシップセンサーでf値が1.7という驚異のスペックにも関わらず199ドル。

ただ、フォーカスが早いかどうかは不明なのでちょっと不安。位相差フォーカスならいいんですが、コントラストだと遅いので・・。激安端末だからたぶんコントラストなんじゃないかと思うんですが、UMIDIGIに問い合わせても返事がこない。さすが激安中華メーカー。
あと、購入先が海外っていうのも不安。

けど、コスパがよいのは間違いない。
OPPO R17などが発売され、迷ったんですが、価格が2倍近いのでとりあえず2年後に期待するとしてまずはこいつを楽しんでみたいと思います。

Nexus5Xは予備機に回します。最近家内のNexus5Xが壊れてかなり不便したので、それも理由(カメラの性能は現行スマホに負けていないと思っています。特に低照度では。しかもAndroid8.1なのでまだまだ続投も可能ですし)

Androidに月例のセキュリティアップデートがきました。

https://source.android.com/security/bulletin/pixel/2017-10-01

Nexusを使う一番のメリットはこれですね。素早いセキュリティアップデート。
キャリア製ではこれはあり得ないこと。

というか、むしろそれってまずいんじゃないの?っていうぐらい。
スマホはネット端末。セキュリティアップデートは必須だと思いますが・・。



Nexus5XにAndroidO(Oreo)のOTAがついにきました!!

Screenshot_20170912-110519

987.4MB、でかい。

ダウンロードが終わると、更新するように求められます。
いざ!!
Screenshot_20170912-110845


更新自体はそんなに時間がかかりませんでしたが、更新して起動した後しばらく動きがおかしかったです。おそらく更新後の処理をしていたのだと思いますが。

起動後は少しほっておきましょう。ほら。8.0!!

Screenshot_20170912-115734


でも見た目はほとんど変わらないですww。
画面のキャプチャは面倒なので載せません。
あ、アイコンが一部変わったかな。

気づいたことを列挙します。
 ・再起動してみましたが、確かに起動は劇的に速くなってました!!
 ・メニューが整理されてます。
 ・GooglePlayプロテクトがありました!!
  Googleが端末を見るっていう説明がものすごくいやな予感しかしませんが、アンチウィルス入れてないですし、どうせ、フォトやドライブで見られてるので、もういいやって感じで有効にしました。デフォルトは無効です。
Screenshot_20170912-112854

 ・ETWSの設定で、試験メッセージを受信するっていう項目が増えてました(デフォルトはOFF)。
  9月の防災訓練で、自分のNexus5XはETWSを受信しませんでしたが、これなら受信するのかな??

Screenshot_20170912-115329


とりあえず普通に使えそうなので安心。
だけどピクチャ・イン・ピクチャはよくわからなかったです。

ベータ版で出てた設定項目が消えてるようなので、もしかしたらNexus5Xでは無効にされてるのかもしれないですね。スペック低いですしね。
セキュリティが担保されるのが何より一番安心できます。


追記
やはり不安定な部分はでますね。目立つところとしては、
 ・アプリなどが応答していないとして、フィードバックが起動する(しばらくすると応答するが・・・)
 ・起動後、画面が表示されてから、実際に操作できるようになるまで時間がかかる。
 ・何らかのきっかけで、起動直後のような動きをする(ほとんど操作を受け付けない)

メインでバリバリ使っている人はまだ避けたほうがいいかもしれません。

さらに追記(2017/10/3)
不安定になっている原因が判明しました。
ボリュームコントローラアプリの「音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)」がどうやら悪さをして容るっぽいです。

このアプリの起動にやたらと時間がかかる。
「時間がかかります」というメッセージまで出ちゃうという・・。

確かに、起動してる最中には操作ができなくなるんです。
便利だったんですが、使用に支障がでてたので、アンインストールしました。
そしたら不安定だったIPフォン系のアプリも問題がでなくなりました。
やっぱり新しいOSって大変だ。けど、逆に言えば標準のアプリベースで使えば問題は少ないってことですね。

とりあえず標準のボリュームコントローラでなんとかするか・・・。


※今更的な内容ですよww

記事はたくさん見ていたのし、自分でもタイミングによってカメラの消音ができていたのでできることはわかってましたが、今回は意図的にやってみました。

今回は他の方がやっている「海外SIM」を使う方法です。めさんこ簡単ですよww。


1.まず海外SIMがいるので準備します。自分は持ってないので、Amazonで一番安いやつをかいました。これ↓
usa_sim
H2oっていうアメリカのMVNOで、AT&Tの回線を使ってるらしいですが、今回は契約はしないので、なんでもいいかなーと思って安いやつにしました。

2.電源OFFして、買ったSIMをいれ、起動。

3.カメラを起動。設定画面を出すと、なんと「シャッター音」なる設定項目が!!これを「OFF」

4.再度SIMを入れ替える。

5.日本のSIMになると、設定項目は消えてしまいますが、設定項目は有効なので消音カメラの出来上がり!!やったね!!



ちなみに、SIMを使わない方法ですが、確定してるわけではないですが、おそらく・・・
1.SIMを抜いた状態でシステムアップデート
2.アップデート後、カメラの設定をみると「シャッター音」の設定項目がでている
3.設定を変更したら、SIMを入れる

という感じだと思います。試してないので保証はないですが・・。

Googleのニュースで見つけて、今日検索したらぽろぽろと記事が。

https://papapacchi.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/57770


まあ、コメントが面白いですが、実際に試してみないと使える機能かどうかわからないですね。
でも、こういう隠し的な機能に限って結構使えたりします。

プログラムを自分で作ってても、隠しコマンド的なものが重宝されたりしますので・・。プログラムあるあるですねww。

格安SIMのトラブルが増えているそう。
http://iphone-mania.jp/news-164844/


まー、「安い!」「ドコモの品質!!」みたいな謳い文句でよくわかっていないユーザを巻き込みますからね。
そりゃ増えますよ。

で、こんな人は来ないで!!っていうリストを独断と偏見でリストにしてみました。

・何らかのトラブルで店舗に駆け込むことがある人。
 →トラブルにおける自己解決力がない人、SIM等に関する知識がない人
・キャリアメールが絶対に必要な人。
・LINEでID検索したい人(例外あり。LINEモバイルなら可能らしい)
・フルのカケホーダイが必須な人
・楽天モバイルかFREETELにしようと思っている人(笑)。

以上に当てはまる人はMVNOに来てもクレーマー化するだけなので、来ないようにしましょう。

ドコモが新料金プランを発表したようです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1018922/050800080/

これを受けてNTTドコモは、顧客基盤を強化するための新たな施策として、同日に2つの料金プランを発表した。「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」である。

 シンプルプランは「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」など従来の料金プランとは異なり、無料通話は家族内の通話だけに限られ、それ以外の相手に通話する場合は30秒20円の料金がかかるプラン。ただし、その分月額料金は1000円を切る980円ととても安価に設定されている。


 これは、普段家族以外と通話をしない人や、LINEの無料通話など他のコミュニケーション手段を日常的に利用している人向けのプランだが、契約できるのは、5GBの「シェアパック5」(月額6500円)から100GB「ウルトラシェアパック100」(月額2万5000円)までのいずれかを契約し、そのデータ通信容量を家族内でシェアできる「シェアパック」の利用者に限られる。単身者向けの「データパック」契約者は利用できないので注意が必要だ。

02_px400

これ、新料金プラン?復活しただけじゃない??しかも劣化して。確か昔はドコモ同士無料でしたよね。それが家族間のみ無料。強制カケホじゃないだけましですが。

家族がターゲットらしいですね。
03_px400

 二人目移行が1800円っていうのは、ぱっと見た感じでは魅力ですが、平均だと3500円。
高いよ。
格安SIMなら3Gで通話付きで1600円だっつーの。

そもそもデータ通信が高すぎるから、どう頑張っても高いんですけどね。

ドコモを使う方は、サポート料金だと思って契約するのがいいかと思います。
スマホ使うのに、
 サポートが必要・・・キャリア
 サポート不要・・・MVNO
みたいな。 

というわで、自分にとっては「価値はなし」です。

 

※特定の環境下(PPPoEルータの種類)で問題が発生しました。起因となる組み合わせはわかりましたが対策方法は不明⇒解決!!。詳細はこちら。

brastel


通話料を安くする方法としてG-Callの利用を推進してたんですが、ここにきてブラステルを使い始めてみました。
以前から知ってはいたのですが、支払方法がプリペイド式っていうことで敬遠してました。が、IP通話がめちゃめちゃ安いのでやっぱり検討したほうがいいだろうということで使い始めました。
ざっくりとした特徴は以下の通り。

 登録・月額無料
 IPベース発信なら携帯へは5.5円/30秒、固定へは8円/3分(月額無料でこの価格はすごい!
 電話ベース発信なら2円/6秒(楽天電話やみおふぉんなどと同じ仕組みだけど、6秒課金だから無駄がない
 アプリはAcrobits社のIPフォンアプリベースでプッシュ対応
 支払はチャージ方式で、期限は最終のチャージ入金または利用から1年(なので有効期限が切れることはほとんどない)

という感じです。で、ブラステルカードがないと登録できないと思っていましたが、SMSできる電話番号があれば登録できました。
以下手順(Android)。

1.050Freeアプリをダウンロード&インストール。アイコンのデザインが嫌!という人は「Cloud softphone」でも行けますが、手順が1つ増えますので注意してください。
ちなみにアプリの中身は同じデザインになります。
Cover art

ーーーーーーーCloudsoftphoneを使う場合ーーーーーーーーーー
起動したときに最初に表示される画面で
 IDを brastel
 パスワードなし
でサインインします。

このことでカスタマイズされ、プラステルの050Freeとなります。アイコンは違いますが、中身は一緒です。


2.アプリを起動するとログイン画面がでますが、下に[sign up / get account]のURLがあるのでクリック
  050 Free- スクリーンショット
 
3.電話番号を入力し、SMS送信

4.コードとメールアドレスを入力して登録完了!

5.メールに登録情報が来ますので、アプリ画面に戻って入力すればIP電話が使えます。途中、チャージしますか?と聞かれますが、いいえで大丈夫です。

ブラステル同士のIPならチャージしなくても使えます。というか使えました。
前払いっていうのが使い慣れないのでちょっと抵抗がありますが、クレジットからなら500円からチャージできるらしく、残高が200円を切ったら自動でチャージもできるみたいなので、それもありかなと思っているところです。
※チャージは試していないので、あくまで説明をみて知った「できるらしい」っていうレベルです後述してますが、ちゃんとつかえてますよ)

さあ、ここから色々試してみて、よければ本格的に運用しようかと思ってた矢先、トラブル発生。
なんと、通話アプリの選択肢に出てこない
端末によって異なるみたいですが、自分(F-01F)はだめでした。とりあえず問い合わせはしていますが。

困りました。再インストールしてもダメ。アプリを変えてもだめ。端末を再起動してもダメ。
で、たちが悪いことに、050Freeアプリの電話帳が「使えない
⇒使えるようになりました(H27年12月)

使いにくいってこともありますが、検索すると「起動に失敗しました」とか言って検索できない。
なんじゃそりゃ!!なんかバージョンアップしたら使えなくなったという口コミもあったので、それかも。

うーん、これじゃ使えない、ということで、検討した結果、アプリを1つかませることにしました。
それが「通話アプリ選択 - Premium Dialer
Cover art
なんかLINEみたいww

これを使うと、いろんな通話を選択できるようになります。なんとG-Callのプレフィックス通話までありました。
アプリでは、表示する通話(アプリ)を取捨選択できます。なぜかここには050Freeちゃんと出てきました。なんなんだろう・・・・。F-01F、癖あるなー。

で、通話しようとすると、Android標準の「アプリの選択」画面がでてきますが、そこに、「通話アプリ選択」っていう項目で表示されます。
それを選択すると、Premium Dialerで選択した項目が再度表示されるので、050Freeを選択しますが、手間が1回ふえてるじゃん!しかもわかりにくい!っていうことで、Premium Dialerを常に使う方法にしました。(アプリの説明にも書いてありました。そうですよね。そうしないと使いにくいですよね。)
こうすることで、Premium Dialerが常に選択されるので、Premium Dialerの選択肢自体に普通の電話をいれることで同じ使用感でつかうことができそうです。
しかも結果的によかったのが、自分はSkypeも入れているので、SkypeOutできなくても通話アプリの選択肢にはでてくるので鬱陶しいと思っていたのですが、それも消すことができてよかったです。

あと、ちょっと気になる記事を見つけたので。

G-Callやブラステルのプレフィックス通話ですが、国際回線を使っている関係で、回線によっては使えないことがあるようです。国際通話を制限している回線ではどうも使えないことがあるって記事をどこかで見たのですが、検索で出てこない。
あれー・・・・。どこだ・・・・。


続きを読む

↑このページのトップヘ