むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

タグ:LTE

これ、自分は絶対にWifiが省電力に決まってるだろうと思ってました。
なんせ電波の出力が弱くてすみますからね。

でも、なんか最近、違うってことがわかってきました(今頃かい!)。
Wifiが省電力になる条件としては
 「安定的な電波強度がある場合」
っぽいです。
不安定で、通信が切れそうだったり、LTEに落ちたりWifiになったりを繰り返す環境ではバッテリーがガンガン減っています。
その場合は、Wifi切った方が断然持ちがいいです。
(あ、これってスタンバイっていうか待機での話です。もしかしたらガンガン通信する場合は話が変わるかもしれません)


あと、不特定多数が接続しているWifiも怪しいですが検証が不十分なのでそのうち・・・。

やっぱり自分の環境によって細かく設定を変えるのが一番省エネかもしれません。
が、できれば自動化したいので、そのためのアプリを検証中。そのアプリで電力を消費するのも本末転倒ですが、それも含めて検討しています。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kebab.Llama

自分はマナーモードを自動で切り替えてるので、その設定も↑でやれそうだったのでまとめてみたりして、できるだけ自動化アプリは最少(できれば1つ)でできるようにと思っていたのでよかったです。

ちなみに、バッテリーを持たせるコツは
 画面OFFにおける通信をいかに制御するか
 いかに安定した電波状況にするか
 画面OFFにおけるアプリの稼働をいかに止めるか
です。

あー、もうすぐ9月。ようやくMNP。F-01Fがメイン携帯になるので、早く省電力設定を落ち着かせたいです。


MVNOの競争激化により、ドコモ端末とSIMフリー端末の需要が一層増しています。
特にSIMフリーは人気です。
自分の周りでもSIMフリーを選択する人が増えています。

キャリアの糞アプリがないSIMフリー端末はそこそこのスペックでサクサク動くので魅力です。

でも、個人的に注意してほしいと思っているのが対応周波数。
現在MVNOはほとんどドコモの回線を利用しているので、ドコモの周波数をターゲットに話していきたいと思います。

現在ドコモでは
Band1(2GHz帯)、Band3(1.7GHz帯)、Band19(800MHz帯)、Band21(1.5GHz帯)
で運用中。で、重要視したいのは
Band1(2GHz帯)、Band19(800MHz帯)
この2つ。

ドコモはこの2つの周波数をメインに使ってエリア構築しています。
人が多いところはBand1、田舎はBand19といった具合です。
詳しくはドコモのエリアで調べてください。

SIMフリー端末では、Band1はほとんど対応していますが、Band19がガラパゴス周波数なので、対応機種がほとんどない。「Band1に対応してればいいじゃん」と思うかもしれません。確かに人によってはそれでもOKですね。

SIMフリーでMVNOを使う、ということは、キャリアのカケホーダイやパケットプランなどを使わずに、もっと携帯代を安くしたい!という人がほとんどだと思うので、「通話が必要ならLINEとかIP電話使うよ」という人はいると思います。キャリアと2台持ちするのであれば関係ないですが。
なのでMVNO1台で行きたい!となれば、MVNOの通話には無料通話分がない上、30秒20円という割高料金になってしまうので、必然的に何かしらのIP網を使った電話が必要になりますが、ここで重要なのが「LTEエリア」ということです。
技術的なことは置いといて、3GとLTEでは何が違うのかといえば、傍からみれば速度が違うとかになっちゃいますが、内部の仕組みが全然違うため、ネットワークの反応速度が全然違います。
これで何が変わるの?ということですが、音声の遅れにつながります。要するに3Gだと遅れて届く、遅れて聞こえる時間が長くなります。結果、「IP電話使えねー」ってなるわけです。

LTEだと何とか使えるレベルまでの遅延なので、MVNOで安く1台にするのであればLTEネットワークの対応が必須になると考えています。

上記を踏まえ、どういう端末を使えばいいかというと
・ドコモの「2013-2014冬春モデル」以降(若干例外はありますが)
・Band19にも対応したSIMフリー端末
 2015年3月現在だと
  ZenFone 5Blade Vec 4GG2miniASCEND Mate7priori2 LTE ぐらいでしょうか。
簡単に調べただけなので、まだあるかもしれませんが、メジャーなところはこんなところかと。
※あてにしない参考程度でみてくださいww

IP電話の利用を検討されている方は周波数のチェックは必須だと思います。続きを読む

何気に
ソフトバンク LTE 狭い

と検索した結果、
sbww

ソフトバンク LTE 速い」に置き換わってましたww

狭い→速いってどうやったら置き換わるんだ??
うーん、お金だしたら変わるのかな??

ちなみに、ドコモもauもそうはなりませんでした。
やっぱりお金か?


※自分は通信関係の仕事をしてるわけじゃないので、適当に思ったこと書いてます。知ったかぶりしてんじゃねーよ、と思われる方もいるかもしれませんが、ご容赦ください。

サムスンが3つの周波数を使ったCA対応スマホを発売するって記事をみました。

http://rbmen.blogspot.jp/2014/12/galaxy-note-4-s-lte3ca450mbps1.html

「発熱の問題でExynosプロセッサに切り替えた」という情報もある、ということですが、
”個人的には”そんなにCA重要なのかな?と思うところがあります。あっても2波で十分かと。

以下が理由です。
 ○韓国はわかりませんが、日本では容量制限があるため、速すぎるとあっという間に使い切る。
 ○シャノン=ハートレーの定理により、消費電力が増えるんじゃないかと予想(適当w)、CPUも発熱するってことはバリバリ動いてるってことだから、倍々で消費電力が大きくなってる可能性が考えられます。せっかく3日持つ!とかなってきたのにまた短くなる。

周りの動向をみてると、MVNOへシフトする人が増えてるように思います。それはやはり価格。速度よりも価格なんだと思います。
で、そういう人たちにとってみれば、速度で言えば、一昔前の3G→LTEの過渡期に比べればLTEの速度が安定してきたこともあり、そんなに不満はないんじゃないかと思います。MVNOでも十分速度出ますし。
で、それって別にCAしてるわけじゃないので、CAなしでそこそこ速度が出てるってことなんだと思います。CAに頼るんじゃなくて、単独の周波数帯域で安定して速度が出る、これが基本だと思います。
その上で、速度を求める方法としてCAがあるんじゃないかと思ってます。

というわけで、自分的にはスマホの永遠の課題(?)は通信スピードよりもバッテリーの持ちだと思ってるので、早いだけが取り柄のスポーツカーよりも、そこそこ走って燃費もいい普通車の方が喜ばれると思います。エコカーではないのがポイント。イニシャルが高すぎると手が出ないので、それでは意味がないと。だから普通車。(そうそう、キャリアは余計なアプリは無効化できるようにしとけっつーの、余計なウェイトを積んだ車は燃費が悪いですからね。)

でも、こういうことが好きな自分としては「おー、はえー!!」というのは1回は体験してみたいなーとは思います。
(ミーハーだな、オイww)

あと、VoLTEは体験してみたいですねー。
F-01Fでは使えないからあきらめてますが。

そういえば4.4へのアップデート、来ないですね。

このページのトップヘ