むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

タグ:脱オサイフケータイ

えーでは、そのほかのカードについて調査していきたいと思います。

それぞれ個別にやると面倒なので、ある程度まとめてww(ちゃんとやれよ・・・詳細な調査を期待してた人はいないと思うけど、いたらごめんね)。

大雑把にいうと、パソコンがある人、iOS端末を持っているはパソリでチャージ、残高照会できます。
パソリ:http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/index.html
pasori2







対応電子マネー:http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/download/index.html#e-money
pasori1







パソコンもiOS端末もない人はそれぞれの専用端末で残高照会・チャージする必要があります。


また、nanacoは、クレジットチャージもできるようですが、事前に登録が必要で、所定の場所にて受け取りという利用方法見たいです。
https://www.nanaco-net.jp/service/creditcharge02.html

結論?にしていいのか?
ひとまずの結論としては、パソコンやiOS端末を持っている人は比較的脱オサイフケータイしやすい環境にあるように感じますが、いままでモバイル端末だけで終わっていたものがデバイスを1つ余計に介さないといけないという手間はどうしても増えてしまいます。

Android端末用パソリも出してくれよ。




まずは現状調査。

電子マネーは数々あれど、オサイフケータイに対応しているものは限られています。

電子マネー


Wikiからの一部引用ですが、オサイフケータイ対応の電子マネーは
らしいです。以外に少ない??

よく使うものとしては
 Edy,Suika,nanaco,WAONぐらいでしょうか。

そうなると意外に簡単かも。不便にはなりますが。オサイフケータイが使えなくて不便になる点としては
 1.オートチャージなどが使えない場合がある
 2.複数使い分けている人は使っている種類分カードを持つ必要がある。
というところでしょうか。

自分はWAONしか使っていないので、話は簡単。WAONカードがあればいいのです。
幸いにして自分はイオンセレクトカードがあるので、それに切り替えればOK。
WAONはオートチャージ設定もパソコンからできるみたいですからね。

次回はそれ以外のカードについて考察したいと思います。

えー、新シリーズ?シリーズってほどにもならないと思いますが。

脱ドコモに向けて、現在唯一と言っていい障害が「おサイフケータイ」。

別にSIMフリーでなくても自分は海外行ったりしないので不便なことはないですが、魅力的な端末が増えていくのに、それらを使えないっていう状態。

日本に生活していると、やはり使ってしまう電子マネー。しかも種類多すぎ(>.<)

で、活躍するのがおサイフケータイ。

この状況を何とか解決して、脱おサイフケータイをしてSIMフリー端末に乗り換えられる環境を作っていこうというのが目標です。

脱おサイフケータイと言っても、別にSIMフリーでおサイフケータイ対応してもらえればそれはそれで大歓迎というスタンスです。

さて、どうなるか。色々調べていこうかな。

このページのトップヘ