むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

タグ:ロリポップ

いつの間にかスタンダードプランでコンテンツキャッシュが使えるようになっていました。
■2018年4月3日 - 「コンテンツキャッシュ機能」をスタンダードプランでもご利用いただけるようになりました
この度、エンタープライズプランのみで提供しておりました「コンテンツキャッシュ機能」をスタンダードプランでもご利用いただけるようになりました!

■コンテンツキャッシュ機能とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Webサイトへのアクセスに対してキャッシュサーバーで応答することで、高速で安定したサイト表示を行えるようにする機能です。
当社ベンチマークテストでは、WordPressを利用したWebサイトにおいて、従来の環境と比較し24倍(※)のパフォーマンスの改善を実現いたしました。
(※) ユーザーへ実際に提供しているサーバー環境において、1秒間あたりに処理することができるHTTPリクエスト数の比較。テスト時のWordPressのバージョンは4.9.4。

コンテンツキャッシュ機能の詳細につきましては、マニュアルをご参照ください。
https://lolipop.jp/service/specs/content-cache/

いままでキャッシュはプラグインを使っていくつか試していましたが、表示がおかしくなることが多く、諦めていました。
なので、この機能追加はちょっとうれしい。

さっそく試しにやってみましたが、そもそも使ってるテーマが超高速が売りの「Luxeritas Theme」。

あまり違いはなかったですww。


移設を考えてたロリポップですが、
 PHP7.1モジュール版の適用(サーバ移設)
 MySQLサーバを負荷の少ないサーバに移設

で、0.6秒~0.8秒が0.3秒ぐらいに縮まりました!!!

無料SSLとも併せて、ここまでできるなら、別に移設しなくていいかなーと思うようになりました。


PHP5.6モジュール、PHP7.1 CGI

lolipo_m

PHP7.1モジュール+Mysqlサーバ移設
psi_2

PHP7.1CGIであんまり効果なかったので、期待してなかったんですが意外によかったです。そもそもモジュール版は、高負荷時に威力を発揮するという情報があるので真偽は謎ですが、もしかしたら移設したサーバがスカスカで速いとか、その辺りかもしれませんが・・・。
まあ、結果オーライでww




ssl


ロリポップでついに無料SSL「Let's Encrypt」が使えるようになりました!!
やったー!!
しかも今なら初期費用無料!!やっとくしかないでしょ!!

■2017年7月11日 - 無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました!
いつもロリポップ!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ロリポップ!では、これまで多くのご要望をいただいておりました無料の独自SSL「Let's Encrypt」を全プランで設定いただけるようになりました。基本のご利用料金のみで常時SSL化が可能です。

さらに、ロリポップ!では100way対応となっており、ひとつの証明書で、独自ドメインあたり、サブドメインなしドメイン+サブドメインの計100個をSSL化することが可能です。

設定も、ユーザー専用ページ内の「証明書お申込み・設定」からあっという間に完了します。

※事前に独自ドメインの取得・設定が必要です。

なお、ロリポップ!では初期費用無料キャンペーンも同時開催中です。

低コストで、閲覧者が安心・安全なウェブサイトをつくりましょう!
ってことで、不満の1つだったSSLが無料で使えるようになったので、エックスサーバに無理に移らなくてもいいかなーって思ってきた。


知人のサイトをロリポップ(スタンダードプラン)を借りてWordpressで作ってるんだが、どうやってもGoogleのスピードテストで100点が取れない。

JSやCSSなどはすでに問題なし。アナリティクスも減点になるので使ってない。代わりに「THK Analytics」を使ってる。これものすごくわかりやすくて見やすいですよ。

さて本題ですが、まずはロリポップの結果がこれ。サイトURLとか結果の画像はご勘弁。
まずモバイル
lolipo_m

続いてデスクトップ
lolipo_d


まあ悪いわけではないんですが、残る改善点は自分ではどうすることもできない部分。
そこで早いと評判のエックスサーバを申込み、試してみた。
まずモバイル

xsrv_m

続いてデスクトップ

xsrv_d

完璧ww。
もちろん、Wordpressのテーマも、早いと評判の「Luxeritas」を利用させていただいている。
高速化のための設定を試行錯誤し、プラグインで不具合が出ない組み合わせを出すのにも色々苦労したけど、これで報われると思うと早く移行したい気持ちでいっぱいですww。

ただし、時間をおいての1発目はロリポップが若干はやいことが多い。
ロリポップはいつアクセスしてもだいたい0.6秒~0.8秒。

エックスサーバは、アクセスがないサイトに対しては、CGIの初回起動に時間がかかるのか、初回が若干おそい。
0.8秒~0.9秒ぐらいかかる。
xsrv_slow
ロリポップがいつもだいたい同じなのはモジュール版だからかなーと思ったり。
そうなると、ロリポップが遅いのはMySQLサーバが遅いんじゃないか?と思ってサーバを変えてみたが変化なし。(但し、MySQLサーバ単体での操作感は明らかに違う。早いサーバと遅いサーバがあるのは確実!!リカバリ時間にしても3倍ぐらい時間の差がでます。なのになんでスピードテストでは違いがでないんだろう・・・)

さて、話はもどってエックスサーバの初回アクセスの件だが、これは仕組み上仕方がないのかなぁ。もっとアクセスしてもらえるサイトにすればいいんだろうが、自分はどちらかといえばエンジニア寄りなので、デザインセンスは皆無。デザインで呼ぶことはできません。
さらに言えば、このサイトは片田舎の個人経営のクリニックのサイトなので、そこまでの集客も・・・な具合。


まあ、もともとSSL化の件もあってのエックスサーバなので、ロリポップの更新時期がくる年度末には安いSSLが使えるエックスサーバに移行するつもりではいますが、100点ってやっぱりうれしいですね!!あー、早く移行したいーーww

お久しぶりですw。

ちょいと忙しすぎて書く気力もネタもなくて・・・。
完全放置でしたのでアクセスもダダ落ちですねww。

知人のサイトを、詐欺集団「トレン〇メイク」から、移行し、構築した際に、ロリポップスタンダードプランにしました。
で、いろんな評価サイトで評価しながら、サイトを構築・メンテしてきたんですが、どうも納得がいかないことが。

GoogleのPageSpeed Insightsで、サーバの反応が遅い、と。

gpsi








まー、安いし仕方ないかなーと思ってたんですが、他のWPサイトみてもそんなに遅くないし、あれれ??と思って問い合わせてみました。

すると以下の回答が。
---------------------------------
ご連絡いただいた件につきまして、お調べしたところ
ご利用のサーバーにて、負荷が高い状況を確認いたしました。

そのため、お客様のサイトの表示速度に
影響がでている状態かと存じます。

お客様へはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

つきましては、お客様のご利用環境の早急な改善のため、
負荷の低いサーバーへ移設を実施させていただきたく存じます。

サーバー移設をご希望される場合は、
お手数ではございますが、下記の注意事項をご確認の上、
ユーザー専用ページ内の『お問合せ』より移設希望日の
ご連絡をいただけますでしょうか。
---------------------------------

なんと。移設してくれるのですねー!!

安いのにサポートも充実してて、ロリポップ、選んでよかったです。
(独自SSLが高いのが難点)

続きを読む

マルチサイトとかマルチドメインとか色々やってたらログインできなくなってしまったorz

かろうじてバックアップから戻すことができたが、FTPしたときにパーミッションがめちゃめちゃに・・。
過去の改ざん事件はパーミッションが不適切だったため、ということらしいので、ここはちゃんとしておかないとね。特に共用サーバでは。で、確認してみたらみーんな644。誰でも見れるじゃんww

最初はロリポップのFTPツールやWInSCPとかでパーミッションをちまちま変えていましたが・・・「面倒くさい!!」
PHPでスクリプト書いて提供してくれてる人もいましたが、パーミッションの「0」が設定できず。

仕方ないので自分で書きました。
PHPはしばらく触っていないのですぐにコーディングできなかったので、Linuxのコマンドにしました。
なのでLinux限定(といっても共用サーバはほとんどLinuxかな)。パーミッションはロリポップ奨励設定仕様です。
----------------------------
ディレクトリ、ファイルのパーミッションを以下の値での設定を推奨しております。
HTML・画像ファイル     604     rw----r--
CGIの実行ファイル     700     rwx------
CGIのデータファイル     600     rw-------
.htaccessファイル     604     rw----r--
ディレクトリ     705     rwx---r-x
----------------------------
プラス、セキュリティ上wp_configは400


SSHの設定を有効にして、該当フォルダへ移動し、以下のコマンドを実行します。
(SSHとかフォルダの移動とかわかんないよ!!という人は使わない方がいいですので説明はあえてしません。)
--------------------------------
find . -type d -exec chmod 705 {} \;
find . -type f -exec chmod 604 {} \;
find . -type f -name "*.cgi" -exec chmod 700 {} \;
find . -type f -name "*.dat" -exec chmod 600 {} \;
find . -type f -name "wp_config.php" -exec chmod 400 {} \;
--------------------------------
※ご利用は自己責任でお願いいたします。あらかじめ、コピーした違うフォルダなどでテストしてから使われることを強くお勧めします。何か問題が生じても責任は取りませんので。

このページのトップヘ