むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

タグ:ネットワーク

Z2が壊れました。
というか、もともと水没させたものを乾燥させて無理やり使ったので、まあそれが原因だと思いますが。


で、F1Playを買いました。

ぶっちゃけ、価格・性能・AUガラホSIMが使えるDSDV端末って、UMIDIGIぐらいしか知らない。

なので、今となってはUMIDIGI一択状態。
Z2は中国の通販で買いましたが、今回は日本のAmazonで買いました。

で、早速Z2と同じようにIMEIを書き換えようとしましたが、どうやってもうまくいかない。
なぜだ!!
http://gnunobian.techblog.jp/archives/52095927.html

で、メーカーサポートとやり取りもして、ようやく何とかなりましたが、そうならない部分もあったので備忘録。


Z2と違ってたところ。変えたところ。
〇USBとPCの接続時、スマホのボタンは何も押さない→しばらくしたらMetaModeになる
〇本体がMetaModeになるのに少し時間がかかる
〇最新のSNTool(1.9系)を使う。1.8だとエラーはおろか認識させされませんでした。


今回はPC自体でもトラブルが。メインで使ってるPCだと書き換え対象端末をUSBにさしても、デバイスドライバ上でエラーが発生し、正常に認識されませんでした。(→MetaModeにならなかった)

サブPCなら正常に認識され、端末がMetaModeなったのを確認できたので、その状態でスマホ端末をメインPCにつなぎなおし、最新のSNToolで書き換えてどうにかできました。
(サブPCだとSNToolの1.9が動かなかったorz)

F1PlayはIMEIの書き換えができないのかと思ってひやひやしましたよ・・・。


あと、APNの情報でAPNタイプをdefault,imsに変更して完了!!
参考にした記事:http://blog.livedoor.jp/vsbr_f91/archives/78995106.html


で、あーよかったよかったーと思って使ってるとなぜか知らないうちにauのネットワークから切断される事象が連発。いつの間にか圏外になるのでこれは困る。
UMIDIGIにもバグレポートを送って問い合わせていますが有力な情報なし。
こんな感じ↓
Screenshot (3)


そこで自分でAPNの設定を色々いじってみることに。
(とりあえず簡単なところから。赤字がデフォルトから変えたところ)
名前:好きなものでOK。自分がベースにした設定はAPN名が「KDDI」のやつです。
APN:au.au-net.ne.jp
ユーザ名:user@au.au-net.ne.jp
パスワード:au
MCC:440
MNC:51
認証タイプ:CHAP
APNタイプ:default,ims
APNプロトコル:IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
ベアラー:LTE
MVNOの種類:なし

記載がない項目は「未設定」

※設定変更すると、ネットワークから切断されます。
SIMの設定にて一度ガラホSIMを無効にし、再度有効にすることで有効になります。
「設定」→「ネットワークとインターネット」→「SIMカード」→「SIMスロット1or2(KDDIのSIM)」を一旦OFF、再度ON でしばらくするとネットワークが復旧する

ただしこれでは解決しませんでした。



6月20日追記
上記の方法はだめでしたので、別の方法を試行錯誤したところ、今度はちゃんと復旧するようになりました。
何をしたかというと、「ネットワークをLTEに固定する」という方法です。
普通の設定画面からだと4Gのみ固定は無理なので、MTKエンジニアリングモードから設定します。

以下方法です。

1.MTK Engineering Modeをインストールして起動させ、MTK Settingに入る。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.themonsterit.EngineerStarter&hl=ja
もしくはダイヤルコマンドでMTKエンジニアリングモードを起動します。
(電話を掛ける画面で、「*#*#3646633#*#*」)

2.対象となるSIMのネットワークモードを「LTE Only」にする
MTKSetting(Telephony) → Network Selecting → SIM1or2 → Set preferred netwoik type:LTE Only

これで、ネットワークが無効になっても、自動で復旧することを確認しました。

今までの経験から推測すると、電波が弱くなる時に起きていることがほとんどだったので、おそらく3G落ちのような状態になった際に、変に3G落ちした状態となり、4Gに復旧しないんじゃないかと思います。(auの3GはCDMA2000でちょっと特殊で、しかもF1がauの3Gの新800の周波数(BC0)に対応してるので、そこらへんでおかしな状況になってたのかなーって想像してます)

F1Playの対応周波数↓
2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

7月5日 さらに追記
auで3G落ちしてから4Gに復帰しない原因らしきものを見つけました。
かなり昔の資料なので、今もそうなのかは不明ですが、問題はau回線のBand遷移にあると思われます。
KDDI Band遷移
引用元
https://twitter.com/taka_humo/status/497998679848919040/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E497998679848919040&ref_url=http%3A%2F%2Fsuzunonejh.blog15.fc2.com%2Fblog-entry-5400.html


http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-5400.html

鈴の音情報局Blogさんで書かれていますが、
もう一つauでの問題点は一度BC0(800MHz)、BC6(2GHz)の3Gに落ちると通信中は
LTEへ復帰する事が出来ないということ。一度接続を切らないとLTEに復帰しない
仕様になっているようです。なんでこんな仕様になっているのか不明ですが、
これは改善して欲しい所ですよね。

例えばauのVoLTEは、3Gから戻れないという話が有ったと思いますが、その事は
ここからも分かりますね。auの遷移マップは正統派のドコモに比べてちょっと癖の
ある仕様かなと思います。

らしいです。

端末というよりネットワークの仕様のせいなのかもしれません。
うーん、Idle中でも復帰しないのは端末のせいかなー・・。
というか、5年前の情報なんですが、まだこの仕様なのかな・・・。



(さらに追記)
APNについて。ガラホSIMならAPNは適当でもいけるんじゃないの??ってお話。
今更ですが、
 ・SIM1はauの契約は通信契約のない、カケホのガラホSIMです。
 ・SIM2はドコモはDMMの通話付きSIMです。

auのAPNについて色々書かれていますが、APNを新規で作成し、下記のところだけ設定します。

APN名:uno.au-net.ne.jp
ユーザ名:685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワード:KpyrR6BP
認証タイプ:CHAP

これだけでもauガラホSIM使えるようになりました。
APNはそんなに重要ではないかもしれない??


なので、既存のAPNも下記のように変えてみました。
自分の環境ではKDDIっていう名前になってます。
APN名:au.au-net.ne.jp
ユーザ名:user@au.au-net.ne.jp
パスワード:au
認証タイプ:なし
APNタイプ:指定なし

それでもOKでした。
うーん、やっぱり通話だけならAPNってあんまり重要じゃないのかな・・・。

ガラホSIMはIMEI制限かけてるから、IMEIとSIM固有の番号でOKにしちゃてるのか。
データ通信の契約はないからわからないけど、もしかしたらそっちには影響があるのかも。


ちなみに、APNタイプは、空白で設定しても勝手に「default,mms,supl.dun,hipri,fota,cbx,wap,xcap,rcs,bip,vsim」が入ってきます。
ネットワークになにか仕掛けがあるのでしょうか・・・。

着信率が若干あがりました。

といっても、外線転送のお蔭ではありません。
ちゃんと内線着信です。

変更したポイントとしてはやっぱり?ネットワークの設定
NATテーブルの保持時間とDHCPのリリース期限の時間を変更しました。

RTX1100使ってるので、そのコンフィグを抜粋すると、
-----------------------------
nat descriptor timer 1 tcpfin 10
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=www 180
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=5228 172800
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=5229 172800
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=5230 172800
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=2195 172800
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=2196 172800
nat descriptor timer 1 protocol=tcp port=5223 172800

dhcp scope 1 192.168.***.20-192.168.***.199/24 expire 48:00 maxexpire 48:00
-----------------------------

という具合。

要するに、
 NATテーブルにある、Push通知用の情報は2日保持。
 DHCPも2日に設定。

です。こうすることで、一度そのネットワークでPush通知の通信用設定が確立すると、2日経つまでに戻ってくれば着信するという具合。実験済みです。

これはある意味諸刃の剣で、DHCPのリリース期間が長いので、大量の不特定多数の接続端末がつながる環境だと、IPアドレスが枯渇して接続できない!っていう問題を起こす可能性がありますが、端末が決まっているような場合ならとても有効じゃないかと思います。





IP-PBXのソフトは結構ありますが、Linuxベースがほとんどです。

そんな中、WindowsベースのソフトSIPサーバが「3CX」です。

3cxicon















ざっくり特徴としては
 Windowsベース
 同時通話数によるライセンス課金(同時1通話までなら全機能が無料で使える)
 パーク保留OK
 Push通知OK(Android,iOS)
 SIPtrunk
 OutlookやExchengeとの連携
 ・・・・etc

とても魅力的です。
これを何とか使ってみよう!ということでいろいろやってみました。
全部記載すると面倒なので、特にハマったところを書いてきたいと思います。

まあ、とりあえずはインストール。
以下のサイトからダウンロード。
http://www.3cx.jp/ip-pbx/download/

インストールしていきますが、NAT環境下ではネットワークの設定がちょっと大変です。SNATとかできる環境でなければグローバルIPの環境が一番素直でやりやすいです。
3CXで利用するポートは以下の通り(一部はデフォルトの設定なので変わる可能性あり)。
NAT環境で行う場合は以下を参考にしてポートフォワーディングなどの設定をするといいと思います。
http://www.3cx.com/docs/firewall-router-configuration-voip/

2195-2196,5223 tcp(APNS:Apple Push Notification Server Infomation)
5060 tcp/udp (sip)
5061 tcp (secure sip)
5090 tcp/udp (3cx tunnel)
5228-5230 tcp (GCM:Google Cloud Messaging)
9000-9255 udp (外線通話用、1通話2ポート使用)
9256-9499 udp (WebRTC)

80 tcp(http access for iis)
443 tcp(https access for iis)
5000 tcp(http access for Abyss Web Server)
5001 tcp(https access for Abyss Web Server)

Linksysのルータの設定例が載ってますので、それを参考にしてもいいと思います。
http://www.3cx.com/blog/voip-howto/linksys-router-configuration/

自分はごりごりIPtablesを書きましたが、イヤー面倒。うまくいかないときに、何が原因なのかがわからない!!
なので、結局グローバルIPを振りましたww。
(Pushがうまくいかなかったんでグローバルを振ったのですが、結局NATの問題ではなかったので、ちゃんと設定すればPush通知もうまくいくと思います。)

というわけで、次回はPush通知でハマったところを書きたいと思います。

解決に苦労しました。

状態としては
 ネットワーク上のパスワード無しExcelファイルは開ける
 ローカルPC上のパスワード無しExcelファイルは開ける
 ローカルPC上のパスワード付Excelファイルは開ける
 
  ネットワーク上のパスワード付Excelファイルは開けない
  
という感じ。

原因は、ネットワーク上のファイルを開く際に、キャッシュが作成されるようなんですが、
その処理がうまくいってないみたいでした。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.MSO

↑ここにあるファイルを削除したら解決しました。


調べ方が悪かったのか、ググっても全然出てこなくて困りました。

このページのトップヘ