むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

カテゴリ: 気になる記事

メーリングリストでふと目にしたPG-Strom。
GPCPUを使い、PostgresSQLの処理を爆速にしてくれるという夢のあるモジュールです。

http://heterodb.github.io/pg-strom/ja/

動作させるためには、Postgresのバージョンもですが、GPUのバージョンにも制約があるのですぐに試せないのが残念。

ハードウェア
CUDA ToolkitのサポートするLinuxオペレーティングシステムを動作可能な x86_64 アーキテクチャのハードウェアが必要です。
CPU、ストレージ、およびネットワークデバイスには特別な要件はありませんが、note002:HW Validation Listはハードウェア選定の上で参考になるかもしれません。
SSD-to-GPUダイレクトSQL実行を利用するにはNVMe規格に対応したSSDが必要で、GPUと同一のPCIe Root Complex配下に接続されている必要があります。
GPUデバイス
PG-Stromを実行するには少なくとも一個のGPUデバイスがシステム上に必要です。これらはCUDA Toolkitでサポートされており、computing capability が6.0以降のモデル(Pascal世代以降)である必要があります。
note001:GPU Availability Matrixにより詳細な情報が記載されています。SSD-to-GPUダイレクトSQL実行の対応状況に関してもこちらを参照してください。
Operating System
PG-Stromの実行には、CUDA Toolkitによりサポートされているx86_64アーキテクチャ向けのLinux OSが必要です。推奨環境はRed Hat Enterprise LinuxまたはCentOSのバージョン7.xシリーズです。
SSD-to-GPUダイレクトSQL実行を利用するには、Red Hat Enterprise Linux または CentOS のバージョン7.3以降が必要です。
PostgreSQL
PG-Stromの実行にはPostgreSQLバージョン9.6以降が必要です。これは、Custom ScanインターフェースがCPU並列実行やGROUP BYに対応するため刷新され、拡張モジュールが提供するカスタム実行計画を自然な形で統合できるようになったためです。
CUDA Toolkit
PG-Stromの実行にはCUDA Toolkit バージョン9.1以降が必要です。
PG-Stromが提供する半精度浮動小数点(float2)型は、内部的にCUDA Cのhalf_t型を使用しており、古いCUDA Toolkitではこれをビルドできないためです。


環境が整えば試してみたい〜。

ssl


ロリポップでついに無料SSL「Let's Encrypt」が使えるようになりました!!
やったー!!
しかも今なら初期費用無料!!やっとくしかないでしょ!!

■2017年7月11日 - 無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました!
いつもロリポップ!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ロリポップ!では、これまで多くのご要望をいただいておりました無料の独自SSL「Let's Encrypt」を全プランで設定いただけるようになりました。基本のご利用料金のみで常時SSL化が可能です。

さらに、ロリポップ!では100way対応となっており、ひとつの証明書で、独自ドメインあたり、サブドメインなしドメイン+サブドメインの計100個をSSL化することが可能です。

設定も、ユーザー専用ページ内の「証明書お申込み・設定」からあっという間に完了します。

※事前に独自ドメインの取得・設定が必要です。

なお、ロリポップ!では初期費用無料キャンペーンも同時開催中です。

低コストで、閲覧者が安心・安全なウェブサイトをつくりましょう!
ってことで、不満の1つだったSSLが無料で使えるようになったので、エックスサーバに無理に移らなくてもいいかなーって思ってきた。


Googleのニュースで見つけて、今日検索したらぽろぽろと記事が。

https://papapacchi.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/57770


まあ、コメントが面白いですが、実際に試してみないと使える機能かどうかわからないですね。
でも、こういう隠し的な機能に限って結構使えたりします。

プログラムを自分で作ってても、隠しコマンド的なものが重宝されたりしますので・・。プログラムあるあるですねww。

格安SIMのトラブルが増えているそう。
http://iphone-mania.jp/news-164844/


まー、「安い!」「ドコモの品質!!」みたいな謳い文句でよくわかっていないユーザを巻き込みますからね。
そりゃ増えますよ。

で、こんな人は来ないで!!っていうリストを独断と偏見でリストにしてみました。

・何らかのトラブルで店舗に駆け込むことがある人。
 →トラブルにおける自己解決力がない人、SIM等に関する知識がない人
・キャリアメールが絶対に必要な人。
・LINEでID検索したい人(例外あり。LINEモバイルなら可能らしい)
・フルのカケホーダイが必須な人
・楽天モバイルかFREETELにしようと思っている人(笑)。

以上に当てはまる人はMVNOに来てもクレーマー化するだけなので、来ないようにしましょう。

ドコモが新料金プランを発表したようです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1018922/050800080/

これを受けてNTTドコモは、顧客基盤を強化するための新たな施策として、同日に2つの料金プランを発表した。「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」である。

 シンプルプランは「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」など従来の料金プランとは異なり、無料通話は家族内の通話だけに限られ、それ以外の相手に通話する場合は30秒20円の料金がかかるプラン。ただし、その分月額料金は1000円を切る980円ととても安価に設定されている。


 これは、普段家族以外と通話をしない人や、LINEの無料通話など他のコミュニケーション手段を日常的に利用している人向けのプランだが、契約できるのは、5GBの「シェアパック5」(月額6500円)から100GB「ウルトラシェアパック100」(月額2万5000円)までのいずれかを契約し、そのデータ通信容量を家族内でシェアできる「シェアパック」の利用者に限られる。単身者向けの「データパック」契約者は利用できないので注意が必要だ。

02_px400

これ、新料金プラン?復活しただけじゃない??しかも劣化して。確か昔はドコモ同士無料でしたよね。それが家族間のみ無料。強制カケホじゃないだけましですが。

家族がターゲットらしいですね。
03_px400

 二人目移行が1800円っていうのは、ぱっと見た感じでは魅力ですが、平均だと3500円。
高いよ。
格安SIMなら3Gで通話付きで1600円だっつーの。

そもそもデータ通信が高すぎるから、どう頑張っても高いんですけどね。

ドコモを使う方は、サポート料金だと思って契約するのがいいかと思います。
スマホ使うのに、
 サポートが必要・・・キャリア
 サポート不要・・・MVNO
みたいな。 

というわで、自分にとっては「価値はなし」です。

 

ブラステルで最近というか、しばらく前から起こってたみたいですが、自宅のWifiに接続しているとなぜか1分ぐらい通話がで切れてしまう現象が。

仕方ないので、自宅で使うときはWifiをOFFにしてますが、なせ起こるのか全くの不明。

ブラステルに問い合わせたところ、
お問合せの件、ご案内させていただきます。
ルーターの『UPnP機能』の設定を変更してお試しください。
ほうほう。って変わるか!!声が届かないならまだしも、通話中に切れるのにNAT越えは関係ねーだろう!!

とちょっと思ったりしたのですが、一応やってみた。
設定変更つっても、ONOFFぐらいしかないのでOFFにした。

が、案の定変化なし。

技術ねーな、ブラステル!

その件について、色々検証してメールを送ったのに返信なし!!!
検証結果としては
  050free同士なら4GでもWifiでも問題なし。
  有料通話になるとWIfiで切れる。

で、電話して確認しましたが解決しませんでした。
内容的には
4G接続で問題が発生せず、Wifi接続で発生するとのことですが、いつも利用されているWifiのみでしょうか? よろしければ、別のWifi環境(接続)での接続の状況もお知らせお願いします。

もし特定のWifi接続のみの現象ですと、ネットワークの仕様で発生する現象につきましては、申し訳ございませんが、弊社側でネットワーク側の設定を実施したり調査することができません。

なお、上記の現象を調整する設定はアプリ側の設定はございません。

まあ、そうかもしれんけど、何らかの情報ぐらいあるでしょうよ・・・。


で、この現象、実は職場でも起こっており、職場のWifiのルータはRTX1100で、自宅はRT107e。
・・・くさい。くさいぞ、YAMAHAルータ!!。

もしかしたら何かしらフィルターが働いてるかもしれないですね。

要確認ですね(でも、今Edgerouter ER-Xを購入中なので、それで解決すれば間違いないですね)。

でも、設定変更で何とか原因を突き止めておきたい・・・。



2017年4月26日 追記
とりあえず、自宅のルータを変えてみました。EdgerouterX(ER-X)っていうマイナーなルータですが、高性能・高機能・コンパクト、さらにAmazonで1万ぐらいというコスパ最高なやつ。さらにメーカー公称ですが稼働率99.999%のキャリアクラスを謳っているという・・・。(EdgeRouter X がすごい)どんだけすごいのよ。

er-x







IMG_20170429_204712












付属のACアダプタは使えないので、販社がつけてくれる日本のACアダプタを使います。

設置はこんな感じ。
ケーブルが汚いのはご愛敬ww。
IMG_20170429_203208












するとどうでしょう!解決したではないですか!!

なんと・・・。YAMAHAのルータの設定が悪さをしているようです。
(それか設定が足りないか)

はじめはNATタイマーを疑いましたが、デフォルトで15分なのでこれは違うな・・と。
で次に怪しいと思うのはFilterの設定。

現在Yamahaのサポートに問い合わせ中。一応ブラステルにも。でもメールの内容から、こっちのネットワークに関する問題はサポート外っぽいので期待してないですが。
さてさて、この問題、解決するのでしょうか・・・。(当面、というか自宅のルータはこのままEdgeRouterXで行きます。せっかく買ってたのに、設定のタイミングがなくて放置でしたので。可稼働率99.9%を体験してみます!)
我が家のルータの歴史はこちら

(余談)
PPPoEのスループットですが、よくわかりませんね。
22時ぐらいのASAHIネット+フレッツで120Mぐらい。フレッツが混んでるのか、ルータの性能なのか・・。まールータのスペックを考えると、ルータの性能が悪いっていうのは考えにくいなーと思います。CPUだってほとんど負荷かかってないし。


(2018年4月7日追記)

続きを読む

知人が知らない間に楽天モバイルにしてました。

で、ちょっと触ってみたところ、
「激遅」

あまりの遅さにびっくり。なんじゃこりゃ。

やっぱり楽天直営ショップはダメですね。
(楽天に出店している直営以外のショップは問題ないんですがね・・・)

Androidのセキュリティを考えたらNexus / Pixel デバイス一択 っていうこと書いたんですが、気になる機種がでますね。

Motorola G5
100000001003487732_10214














Motorolaは結構OSアップグレードしてくれるイメージ。
あー。これでもいいなーなんて思わせる機種。ただ、Motorolaは初期不良も多いという話も。

安くなったG4でもいいかもね・・。確かandroid8へのアップグレード保証してたはず・・・。

F-01FからNexus5Xに乗り換えて半年。

最初は「最新OS、最新の機能が使いたい!」という理由で選んだNexus5X。
(カメラも大きな理由の1つですが)

最近気になるのはセキュリティ。

ウィルスではありません。どちらかといえばマルウェアとかフィッシング。

iOSもですが、Androidも、公式のサイトからインストールしていれば、ウィルスである可能性はほぼないようです。あっても「マルウェア」みたいです。

2016年Androidにウイルス対策は不要?Androidとマルウェアの関係性とは?


こればかりは、インストール時に求められる権限に気を配るしかないですね。
(あとは、無名のものとかを避けるとか)

フィッシング対策としては、ブラウザが対応している場合があります。Chromeなんかそうですね。
https://support.google.com/chrome/answer/99020?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja&oco=1

なので、アンチウィルスソフト消しましたww。
そういえば過去、警告された記憶はないなーなんて思って。

で、気になるのは、OS自体のバグを付く攻撃。
これは例えアンチウィルスを入れていてもダメ。OSで穴をふさがないとどうしようもない。

Nexusシリーズは毎月セキュリティパッチが降ってくる。
今月は3月5日に更新されている。
Screenshot_20170308-114549















Androidの脆弱性107件修正、3月の月例セキュリティ情報公開


「Googleは6日、Androidの月例セキュリティ情報を公開した。Pixel/Pixel C/Pixel XLとNexusシリーズを含む「Googleデバイス」向けには、セキュリティアップデートを含むファクトリーイメージがOTAで配信される。発売から18カ月以内のAndroid One端末やGoogle Play Edition端末には、2週間以内にアップデートが提供される予定。

 端末メーカーなどのパートナー各社には2月6日までに通知されており、アップデートのソースコードがAndroidのオープンソースプロジェクト(AOSP)リポジトリに48時間以内に提供される予定。

 今回発表されたセキュリティ修正は、最も危険度の高い“Critical”11件を含む36件の脆弱性を修正する「2017-03-01」、“Critical”24件を含む71件の脆弱性を修正する「2017-03-05」の2つに分かれている。

 2017-03-01でCriticalとされる脆弱性「CVE-2016-2182」はOpenSSLとBoringSSLにおいて、脆弱性「CVE-2017-0466〜0474」の9件はMediaServerにおいて、いずれも攻撃者が細工したファイルを使ってデータ処理中にメモリ破損を引き起こし、リモートからコードを実行できる可能性のあるもの。プロセスのコンテキスト内でリモートコードが実行される可能性があるため、Criticalとされている。また、ローカルの悪意あるアプリによって、カーネルのコンテキスト内で任意のコードが実行される可能性のある回復検証中の特権昇格の脆弱性「CVE-2017-0475」も、Criticalに分類されている。



107件ですよ!!

1か月で。Winodwsだって、毎月更新されてます。
これがキャリア製スマホは、キャリアの買い替え政策のおかげで、このセキュリティパッチがほとんど適用されません。(厳密には数回は適用されますが)

F-01Fは頑張っても4.4だったので、極端な話ですが、5.0から今までに修正されたものが一切適用されてない、穴だらけのOSをインターネットにつないでいるということになります。怖い・・・。

ウィルスよりもこっちを心配しないといけないと思ったわけで。
で、結論としては「Androidのセキュリティを考えたらNexus / Pixel デバイス一択」

となったわけでした。

余談ですが、Nexus5X、高くなったなー・・・・。選択肢としては5X一択状態。
Pixelはハイエンドだから除外だし、個人的に6Pは好みじゃないし、5Xに比べて高いし。


みたいですよ。

http://umobile.jp/news/20170222/

s_mvno














これは今までSoftbankが他社に比べ、接続料が3倍〜4倍していたのですが、それがそこそこ安くなってきたために実現しました。

で、回線的には劇貧弱のSoftbank回線。エリアやインフラ的にはあまり魅力はありませんが、最大の魅力は
SoftbankのiPhoneがSIMロックの状態で使える

の1択です。

というか、これ以外ないですww

これは朗報ですね。ただ、最初はiphone用のデータ通信のnanosimだけみたいなので、通話したい人はしばらくお預けです。

日本通信経由みたいなので、その他だと、ヤマダSIM、スマモバでも開始される模様。

残念なのは「日本通信」ということ。
ここは本当に・・・・。口だけというか、設備が貧弱なので、IIJとかmineoあたりが参入するのを待った方がいいかもしれないですね。

開始が3月22日なので、情報を待ちましょう。


このページのトップヘ