悩んだ挙句、NifMoへのMNPでほぼ確定しましたのでお知らせいたしますww
(お前がなに選ぼうが別にいいよ!って感じですよね)

選んだポイントとしては
 現在の話ですが、速度の満足度が高い。(っていっても別にべらぼうな速度をMVNOに求めてるわけではないです)
 バースト機能が有効になる(1GB使い切って低速になるor意図的に低速にする)ほど使わないため、バースト機能を活かせない。
 カケホーダイの道も残されている。
 MVNEはNTTコミュニケーションズ(OCN)なので足回り的にも悪くない。
 価格差は100円以下。

というところでした。

DMMもMVNEはIIJなので、IIJのノウハウが活かせるとは思いますが、NifMoはNifty自身がプロバイダーとしての経験があり、MVNEもOCNも国内最大のプロバイダーですし、やっぱりいざというときは経験とか技術力がものをいうのかな、と思うところもあり。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1574

日本通信にしても、「初めてを創る」とか大きいこと言ってますが、品質は・・・・・なので。
まあ、国内のMVNOの先駆者としての功績はすごいと思いますよ。その後がねぇ・・・。
やっぱりノウハウ大事だと思います。


DMMの場合、割り切って商売に力を入れそうなので、価格的にはたぶんどうやっても勝ち目はないかな、とも思うので安さを求めるならDMMでしょう。
自分はトータルバランスを選んだって感じです。