むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

2016年06月

arrows M03が発表されていました。

http://www.fmworld.net/product/phone/m03/?fmwfrom=phone_slider#/p1

楽天モバイルやmineo、Nifmoなどはすでに取り扱いを発表していますね。
おそらくM02を取り扱ってるところは継続して取り扱うことになるんじゃないかと思います。

個人的な注目は
 液晶画面が「IPS」 サイズも5インチのHDで、ほどほどなのがいいですね。
 カメラ (F値が「2.0」)
です。


さて、M02は有機ELでした。これが悪いというわけではないと思いますが、画面が割れやすいという口コミが結構あるようです。IPS液晶はこなれたものなので、良い選択だと思います。
(WhiteMagicのディスプレイはなんでやめたんでしょうかね・・、ノイズ対策が大変とか見た記憶があるけど、そのせいかな・・・)

問題だったのはカメラ。自分はF-01なのですが、富士通製はカメラが貧弱。
特にちょっと暗いとアウトでしたが、F値が改善されたことで、そこそこでいいのできれいに撮れるようになっているとうれしいです。

OSもAndroid6.0、CPUもSnapdragon 410(MSM8916 1.2GHz Quad Core)と通常利用では問題ないです。
おサイフケータイも継続されていますし、日本向けの機能が最低限搭載されている貴重な廉価スマホです。

気になるところとしてはWi-Fi。記載では「Wi-Fi/テザリング    ◯(IEEE802.11a/b/g/n)2.4GHz/◯」
aが入っているに、5GHzの表記がないのはなぜ?というより、この2.4GHzは何なのでしょうか。テザリングかな?
5Ghzに対応してくれると業務的にも使いやすくなるのでありがたいです。

期待が高いと評価が低くなりがちですが、楽しみな端末です。

レア体験! ガラケー解体ショーで、ガラケーを解体してみたら驚いた!

まあ、古い記事ですが。
DMM.make AKIBA Studio」で行われている解体ショーみたいです。

最後のほうに、スマホの部品が表示されていますが、まさしく「少なっ!!」ですね。

部品点数を減らしてコストを下げる
 ↓
同じようなつくりだから設計コストも下がる
 ↓
でもPCみたく作れるから高く売れる
 ↓
儲かる

ですかね。
こうなると、人件費がものを言いますね。
日本では安く作れるはずがありません。

日本のスマホはどういうところに活路を見いだせるのでしょうか。
オサイフと防水ぐらいかな。

このページのトップヘ