むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

2016年03月

2015年8月の話なので、今更の話ですが、たまたま見つけてしまったので。

日本通信、ソフトバンクにレイヤー2接続を申し入れ、高信頼性のデュアルネットワークを提供へ

高信頼性を求めるならauじゃないですか??

まあ、周波数の問題とか色々あるかもしれませんが、softbankに信頼性を求めること自体が間違いなわけで・・・・。日本通信ってほんとちょっとずれてる感じがします。

マルチサイトとかマルチドメインとか色々やってたらログインできなくなってしまったorz

かろうじてバックアップから戻すことができたが、FTPしたときにパーミッションがめちゃめちゃに・・。
過去の改ざん事件はパーミッションが不適切だったため、ということらしいので、ここはちゃんとしておかないとね。特に共用サーバでは。で、確認してみたらみーんな644。誰でも見れるじゃんww

最初はロリポップのFTPツールやWInSCPとかでパーミッションをちまちま変えていましたが・・・「面倒くさい!!」
PHPでスクリプト書いて提供してくれてる人もいましたが、パーミッションの「0」が設定できず。

仕方ないので自分で書きました。
PHPはしばらく触っていないのですぐにコーディングできなかったので、Linuxのコマンドにしました。
なのでLinux限定(といっても共用サーバはほとんどLinuxかな)。パーミッションはロリポップ奨励設定仕様です。
----------------------------
ディレクトリ、ファイルのパーミッションを以下の値での設定を推奨しております。
HTML・画像ファイル     604     rw----r--
CGIの実行ファイル     700     rwx------
CGIのデータファイル     600     rw-------
.htaccessファイル     604     rw----r--
ディレクトリ     705     rwx---r-x
----------------------------
プラス、セキュリティ上wp_configは400


SSHの設定を有効にして、該当フォルダへ移動し、以下のコマンドを実行します。
(SSHとかフォルダの移動とかわかんないよ!!という人は使わない方がいいですので説明はあえてしません。)
--------------------------------
find . -type d -exec chmod 705 {} \;
find . -type f -exec chmod 604 {} \;
find . -type f -name "*.cgi" -exec chmod 700 {} \;
find . -type f -name "*.dat" -exec chmod 600 {} \;
find . -type f -name "wp_config.php" -exec chmod 400 {} \;
--------------------------------
※ご利用は自己責任でお願いいたします。あらかじめ、コピーした違うフォルダなどでテストしてから使われることを強くお勧めします。何か問題が生じても責任は取りませんので。

去年の暮れにドコモから全員撤退しました。

家内を説得しながら、勝手に進めましたww。

12月〜1月は「不便!」を連発されていました。
IP電話も音が悪い!!と不満ダラダラいわれてました。

2月も終わりになり、だいぶ落ち着いてきました。
慣れってすごいですね。あと、それぞれに改善を繰り返してきましたからそれもよかったんだと思います。

で、問題になった点と改善・代替え案挙げておきます。

1.メールが送れない人がいる
 →これ結構言われました。キャリアの迷惑メールフィルター設定ですよね。これはどうしようもできないです。
  対策:相手に個別に解除してもらう。
  代替え案:SMSを使う。

2.電話帳に人がいない
 
 F-01Fの場合だけなのか、ドコモ→Googleアカウントがダメなのかわからんが、とりあえず赤外線だとだめらしい。あとは絵文字。氏名欄しか確認してませんが、絵文字が入っているとダメみた。
 →対策1:個別に登録
 →対策2:赤外線で転送せず、連絡帳をファイルにして転送。スマホでインポートする
 ⇒絵文字対策1.個別入力
 ⇒絵文字対策2.絵文字は消しておいてから移行させる

3.発信専用で使うIP電話の音がブツブツ切れる。
 →対策:エコーキャンセルをOFF
  (参考)ブラステル使い始めてみました

4.LINEでID検索できない(年齢認証ができない)。
 対策1:友達や家族のキャリアSIMを使う。
 対策2:海外プリペイドカードを使う。ただし制約あり。おそらくドコモ白ロムはアウトじゃないかと。
  https://格安sim比較.jpn.com/demerit/line_idsearch.html
  (F-01Fは再起動します( ノД`)シクシク…)
   ↓
 代替え1
 QRコードをメールで送り、相手に読み込んでもらう。
  送る側:友達追加→QR→自分のQR→右上の●3つのボタン→メール送信
  受ける側:QRの写真をスマホに保存→友達追加→QR→左下の「ライブラリ」→保存したQRファイル
  ※QRのデータが拡散された場合は、「友達追加→QR→自分のQR→右上の●3つのボタン→QRを変更する」で変更してください。

 代替え2
 登録用URLをメールかSMSで送る。
  送る側:友達追加→招待→E-mail or SMS→送信
  受ける側:メールorSMSから送られてきたURLを開く

問題の対処法や代替え案を知って、安心してキャリアの呪縛から解き放たれましょう!!
とはいえ、一応MVNOへ行くメリットとデメリットを個人的にまとめてみました。

メリット

 ○安い(これに尽きます)
 ○縛りがない(完全にないわけではないが、圧倒的に少ない)

デメリット
 ○カケホーダイがない
 ○家族間無料がない
 ○キャリアメールが持てない
 ○キャリアに依存する認証や機能が使えない(LINEのID認証など)
 ○困ったときにショップに駆け込めない

デメリットが結構あります。
要するに、今までできていたことができなくなる、ということがデメリットですよね。
それがどれくらい本人にとって重要かどうかです。
デメリット vs 価格差(4~5000円/月)

デメリットが許容できる、自分である程度問題を解決できるスキルのある人は検討するとHAPPYになれるんじゃないかと思います。

最近は今更ながらwordpressにどっぷり(ってほどやってないけどww)です。

今までは気にしなかった、サイトの表示スピードやサイズを気にし始めました。

自分がたどった道のりは
 1.wordpressお試し
 2.プラグイン使いまくって簡単構築
 3.PageSpeed Insightsを使ってJSやCSSを最適化(プラグインを変えたり、やめたり)
 4.テーマを変更。できるだけプラグンを使わない方針へ。
 5.SEO対策をしまくる。
 6.GTmetrixでも測定開始。サイズがでかいことに気付く。
 7.透過が要らないものはjpegに変更してページのサイズを縮小!(半分以下になりました!)

プラグインは便利ですが、相性があったり、かえって遅くなったりするので多用は厳禁だと悟りました。

ほんと、今更ながらですね。

業者からのホームページ引っ越し案件の続きです。

Wordpressを利用して作成してますが、るなさんの「WpTHK WordPress Theme」を利用させていただきましてホームページを作成しました。

色々いじっていますが、気になったのはサイトの出来具合。
機械的にはどうなんだろうか、ということで、とりあえずサイトの表示スピードを測定できる
GTmetrix
を利用してみることに。

まずは業者サイト。
jp

PageSpeed Score C(70%)
YSlow Score C(78%)

そして自作サイト。
clinic
PageSpeed Score A(95%)
YSlow Score B(83%)

スコア的には圧勝です。
速度については、ページサイズが大きいのである程度は仕方ないでしょう。
たぶんスライダーを使って大きな写真をスライドショーさせてるのでそれが大きいと思います。

続いてGoogleのサービス「PageSpeed Insights
業者サイト
gt1
モバイル
 ユーザエクスペリエンス 65/100
 速度68/100
 

gt2
パソコン 78/100
業者のサイトはレスポンシブサイトではないので、モバイルでの判定は特に厳しいです。
googleにおいて、モバイルレスポンシブは重要です。
それによって検索結果が変わります。


続いて自作サイト
gw1
モバイル
 ユーザエクスペリエンス 99/100
 速度75/100


gw2
パソコン 87/100

・・・とこちらでも自作サイトの圧勝。
モバイル測定では、スライダーやカレンダーの配置的にjsとかcssが完全に非同期にできないため、モバイルでの速度をどうしてもこれ以上はスコアをあげれませんでしたが、体感的には遅いと感じることは全くありません。

でも、これはひとえに利用させてもらっているWordpressのテーマ「WpTHK WordPress Theme」がものすごくよく作りこまれているからですね。利用させてもらってありがとうございます。

こんなの優れたテーマが無料で使えるのに、業者に大金貢のなんて馬鹿げてます。
ホームページは自作で行きましょう!!(管理は自己責任ですよww)

後日ですが、pngをjpegにしたりしてページのサイズを1M以下にしました。

知人の依頼で、あまりやったことがないドメイン取得、レンタルサーバを借りてホームページを作成・公開することに。(ホームページ高額リース関連です

過去、JimdoとかWixとか触ってきましたが、独自ドメイン使うと高い・・・。

そこでWordpressに手を出しました。
いやー、簡単ですね。直観的にとなるとJimdoが上ですが。

参考にした本はこれ。
10日でおぼえるWordPress入門教室 第2版
ヤフオクで1500円で買いました。自分的には10日なくても大丈夫でした。

とりあえずWordpress試すのに借りたのがここ。
Wpblog
激安レンタルサーバをやってるネットオウルがやってるサービス。
無料でWordpressのサイトが作れます。

ここで試して、うまくいったらドメインを取得し、レンタルサーバを借りてホームページリニューアルさせる、という段取りで進めました。すでに新サイトはオープンしてます。
ムームードメイン+ロリポップという、まあ初心者向けの構成です。SSLも使わんし。

意外に大変だったのが「引っ越し」
Wordpressの引っ越しってちょっと大変なんですね。

そこで自分が忘れないようにメモもかねて記録しておきたいと思います。

手順的には以下のような感じ。
(旧サイトにて)
1.旧サイトのデータベースをバックアップ
2.旧サイトのWordpress関連のフォルダをFTPにてバックアップ

(新サイトにて)
3.FTPにてバックアップしたフォルダを戻す
4.データベースをリカバリする
5.必要ならテーブルの接頭辞(wp_)を変更する(不要なテーブルは削除する)
6.Database Search and Replace Scriptを使って、サイトURLを置き換える。

という感じです。

1から4はいつもと一緒というか、特に問題はないかと思います。

5の「接頭辞の変更」は、WpblogではFTPでとれるのがwp_contentフォルダ配下だけなので、新サイトで簡単インストールとかでWordpressを始めると、テーブルの接頭辞が勝手についちゃう関係で、変更が必要になる場合があります。
接頭辞の変更は2つあって、
 1.wp-config.phpを変更する
 2.テータベース側の接頭辞を変更する(テーブル内の数か所も変更しないといけない)
です。
セキュリティ上、自分は面倒くさい2を選択してしまいましたが、Excelとサクラエディタを駆使して名前変更SQLを作成して流し込みました。
サンプルのエクセルシートをダウンロードできるようにしてありますので参考にしてみてください。
あと、簡単インストールで作成されたテーブルが必要ないなら消しておく方がいいと思います。
Excelに削除するためのSQLを作成するものも準備してますので参考にしてみてください。
(プラグインとかの関係で若干違う可能性がありますので、そのまま利用しないでください。また、ご利用の際は自己責任にて。)
wp_sql.xlsx



さて、ここからが本題。
サイトの引っ越しでほぼ必ず必要になるのがURLの変更
でもこれって、専用ツール使わないとダメみたいです。
SQLで置き換えただけだと、細かいところで問題が発生するようです。
自分の環境では、固定ページのパーマリンクが変更できなくなりました。

理由はこちら↓
http://webcre-archive.com/2012/10/04/wordpress-db-url-replace/


というわけで、専用ツール「Database Search and Replace Script」を使います。
https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/
↑ここからダウンロードします。


解凍したフォルダをFTPでトップディレクトリへコピーします。

URLを直接指定します。こんな感じ。
http://[yoursite_url]/Search-Replace-DB-master


そうするとこんな画面が出てきます。
search















replaceに旧サイト(http://は省く→例:http://site.com/→site.com)
withに新しいサイト(http://は省く→例:http://site2.com/→site2.com)

で、「DRY RUN」でどれくらいの影響があるかを確認してから「LIVE RUN」で実行します。
実行が終わったら「delete」しておきましょう(これでツールが削除されます)。
置きっぱなしにして、外部からアクセスされると大変ですからね。

これで晴れてサイトのお引越しが完了しました。
はあ、サイト作成より移行のほうが意外に苦労しました。

知人が、「業者に委託していたホームページの管理費が高い」ということで、自分に相談が来ました。

で、もらった契約書のコピーとか資料やググった結果を総合すると・・・・
「詐欺やないかい!!」
(それともぼったくりというのでしょうか。高すぎる。価格設定がおかしい。)

ってことで、書いておこうと相成りました。
本当はタイトルに「詐欺」って使いたかったんだけど、おとなしめにしておきました。

株式会社トレンドメイクという会社です。


調べて出てきた関連会社やソフトは
 ゼンコミュニケーション
 ナミックスオンライン(NA**Xonline)
 株式会社アフィリエイト・プロモ
 株式会社ベルポスト(企業情報に電話番号がない、住所がゼンコミュニケーションと一緒などブラック臭あり)

これが契約書。個人情報は真っ白に削除すると色々書いてあった場所などもわからなくなるのでモザイクにしてます。
trendmake
















契約書だって、契約番号とか空白ww。これって有効な契約?
なんつーいい加減な会社だ・・・。

調べていくとこういう会社の特徴となるキーワードは
ホームページソフト・制作・管理の5年(複数年)リース
っぽい感じ。

月額が安ければまだいいですよ?でも
 27,825円/月
おかしいだろww。どんだけ高価な専用サーバなんだよww。5年で100万オーバーww。

さらに、レンタルサーバーサポート費として
 1,575円/月

ちなみにこのサーバ、詳細なスペックもなければ、容量は600MBというケチぶり。GじゃなくてM。CD-R1枚分。
ありえんちゅーの。
Wordpressが使えて1GB容量で無料ってサービスがある時代にこれは・・・・・・。
救いなのはFTPとか接続情報は提供されていること。
FTPでデータダウンロードして、他のサイトにUPすれば移行は楽そう。
でももう使わないけどねー。Wordpressで作っちゃったからー。

IT弱者に付け込んだ最悪な商売ですね。更新もほとんどしないのに毎月3万近い支払いが発生。
契約前に相談してほしかったですね。

まあ、契約期間がまもなく終了しますのでこれから解約の手続きに入ります。リースは契約してしまったら基本的には途中解約はできませんので、そこらへんは専門家にお願いしたいと思います。

でも、解約に当たってはいろいろありそうなのでまた記載していきたいと思います。
特に独自ドメイン。絶対譲渡させないだろうなー。こういう会社って本当たちが悪い。
調べると、他のサイトをみてもドメインは管理させちゃだめってだって書いてる。

ドメインは絶対に自分で管理しましょう!

ドメインはあっさり譲ってくれました。
さんざん搾り取ったので、対応がよかったんでしょうww 続きを読む

FREETELからバッテリー4000mAhのPriori3Sが発売されて「お!」と思ってましたが、Asusも負けてないですね。

ASUS ZenFone Max (ZC550KL-BK16)
バッテリー5000mAhだってww。
1724_image_vhwWmrXs














販売価格も3万円とリーズナブル。
そのほかのスペックはこんな感じ。

OSプラットフォーム ※1:Android™ 5.0.2
CPUQualcommR Snapdragon™ 410
動作周波数:1.2GHz
ディスプレイ5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)
CorningR GorillaR Glass 4
アンチフィンガープリント
フルラミネーションディスプレイ
解像度1,280×720ドット (HD)
グラフィックグラフィックス機能:Adreno 306
メモリー搭載容量 ※2:2GB
仕様:LPDDR3
記憶装置内蔵ストレージ ※3 ※4:16GB
ASUS WebStorageサービス:5GB (永久無料版)
Googleドライブ:100GB (2年間無料版) ※5
Webカメラ(アウトカメラ):1,300万画素Webカメラ内蔵、レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ
(インカメラ):500万画素Webカメラ内蔵
サウンドスピーカー:スピーカー内蔵
マイク:マイク内蔵
サイズ高さ約156mm×幅約77.5.mm×奥行き約5.2mm〜10.55mm
バッテリー駆動時間Wi-Fi ※10:約22.6時間
モバイル通信時 ※11:約20.7時間
連続通話時間 ※12:約2,258分 (3G)
連続待受時間 ※12:約914.4時間 (3G)、約683.6時間 (LTE)
バッテリー充電時間:約4.8時間
バッテリー容量:5,000mAh
消費電力:最大約5W
重量(バッテリー装着時)約202g
通信機能【通信方式】
LTE: 2,100(1), 1,800(3), 850(5), 800(6), 900(8), 1,700(9), 800(18), 800(19), 700(28) MHz ※6
W-CDMA(HSPA+):2,100(1), 1,900(2), 850(5), 800(6), 900(8), 800(19) MHz ※6
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
無線LAN機能IEEE802.11b/g/n
Bluetooth機能BluetoothR 4.1
インターフェースUSBポート:microUSB×1
SIMカードスロット※7:microSIMスロット×2
カードリーダー ※8:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ ※9 :マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
アクセサリー【主な付属品】USB ACアダプターセット※13、イヤホンマイク、OTGケーブル、ユーザーマニュアル、製品保証書
保証期間端末本体/本体内蔵バッテリー/USB AC アダプターセット ※13:購入日より12ヶ月間の日本国内保証

arrowsいいなーと思ってましたが、カメラがいまいちみたいで。それは今のF-01Fも同じで。
おサイフケータイは魅力的ですが、今のところ使ってないのでそこは捨ててもいいかな、と。
それに中国製品ではないので (Asusは台湾!) 。でもちょっと重いかな?

続きを読む

このページのトップヘ