むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

2015年06月

MVNOへのMNP転入・転出は基本的に可能ですが、注意が必要な場合があるようです。

例えばDMM.mobileでは、
http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=43609/
------------------------------------------
DMM mobileではMNP転出はできますか?

下記の特定業者を除き、MNP転出ができます。

株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社ハイホー
株式会社愛媛CATV
株式会社セールスパートナー
株式会社スターズメディア

・・・・・・以下省略
-------------------------------------------

とあるように、一部MNPの転出に制限があるようですので、転入にも制限があると思います。

このリストを見る限り、IIJとハイホーっていうところから、同じMVNO回線同士のMNPは無理なのか??と推測しています。
なので、DMM.mobileにするとIIJへは直接MNPできないってことですよね。一旦違うMVNO(MVNE?)へ転出するしかないですね。OCNとか評判のいいところへ。安さをもとめるならフリービット系のFreetelとかでしょうか。

ちょっと他のMVNOも見てみましょう。
OCNモバイルONEは・・・
----------------------------
MNP転入について
・移転元の事業者によっては、本サービスへのMNP転入ができない場合があります。

MNP転出について
・移転先の事業者によって、本サービスからのMNP転出ができない場合があります。
----------------------------
やっぱりありそうな感じですね。

Freetelとか見たんですが、特に書いてないですね。
うーん、どうなんだろうなぁ。

気になる方は直接聞いてみた方がいいかもしれませんね。

[特集]メインスマホを格安スマホに換えてわかったこと どのくらい安くなる? 通信速度は?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000005-bcn-sci

-------------------
●現時点の通信速度には正直不満あり

 さて、大幅なコストダウンに喜んだものの、数日利用した現在、使い勝手に不満を感じている。なぜなら実効通信速度が大幅に低下する時間帯があるのだ。

5月10日(日)にみおふぉんのSIMカードを、SIMフリーiPhone 6 Plusに挿入して計測。計測場所は自宅のある埼玉県さいたま市。3回計測し、もっとも下り通信速度が速かった回のスコアを採用した

 5月10日(日)に自宅で時間帯ごとの通信速度を計測してみた。上に掲載した表の通り、14〜18時に大幅な通信速度の低下が見られた。5Mbpsを下回っている下り通信速度では、動画視聴などは正直厳しい。

(途中省略)

・・・・コンスタントに10Mbps以上の下り通信速度が出なかったときには、再度3キャリアへの移行を検討する予定だ。

-------------------

そんなに速度きにするならMNOにいてくださいよって思いました。
5M前後でれば動画視聴十分ですよ。過去ADSLを使ってた経験上たぶん3Mでも行けると思います。そんなに日常こまることないですよ。問題はベンチマークの数値ではなく、実際使ってどうか?が問題だと思います。
そこで支障があるような速度であれば文句を言うべきだと思いますが。

自分の考えですが、MVNOってMNOが1人に対して割り当ててる帯域を10とか20人ぐらいでシェアして、その分安く提供してるものだって考えてるので、速度がどうたらとか文句いうならMVNOに来ないでくださいって言いたくなります。
まあ、ユーザ詰め込みすぎたり設備の容量オーバーとかさすがに1Mでないとか、あまりに速度低下が酷い場合は仕方ないですが、現状BBexite使ってますが全然困りません。安くて助かってます。

というわけで速度でブーブー言う人はMVNOに来ないでくださいって言いたかっただけでした。すみません。

PostgreSQLのアップデートの頻度が異常に早い。
昔は気にしてなかったんですが。過去にもあったのかな?

http://www.postgresql.org/

9.4.0が2014年12月18日
9.4.1が2015年2月5日
9.4.2が2015年5月22日

まあ、ここまではいいんですが、
9.4.3が2015年6月4日
9.4.4が2015年6月12日

いやいや、短すぎない?。
まあ、データベースクラスタはそのままでいいんだからそこまでアップデートは大変じゃないけどさ、でもそんなに頻繁には止められんよ。

ローカルネタ再登場!

個人的におすすめのクリーニング店のご紹介です。
井関という個人経営のクリーニング店です。看板もありません。
住所は「伊豆市八幡222−3」です。

今まで落ちなかったシミとかも落としてくれたりするので、すごく丁寧にクリーニングしてくれます。

おすすめです。

Googleの「Android Pay」、決済手数料得られない契約余儀なくされる

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/060801914/

ぱっとみ、Googleが不利なような記事ですが、確かにこれによりAndroidPayの採用企業がふえれば、Android利用者はますます増える可能性ありますよね。
ここで問題になっている「決済手数料」って結構ばかにならないんですよね・・。

Felicaとかクレジットカードの手数料について調べた時期があったんですが、まあ課金方法は様々ありますが、クレジットカードでもFelicaでも、結構手数料ってボディーブローのようにじわじわ来るんですよ。

だから、クレジットの大手、VISAとMasterCardが手数料無料化にしたというのは大きいと思います。
採用する店としては手数料考えなくていいのでありがたいですよね。しかも全世界的に共通の端末が使えるようになればPOS端末?のコストも下がるだろうし。

このままだと日本もオサイフケータイ(Felica)じゃなくて、AndroidPay(NFC)にやられるんじゃないですかね。
NFC端末ならグローバル端末で搭載してますし、日本の端末でも最近のはSIMで対応してますしね。
さらに自分も脱オサイフケータイしましたし。

どうも日本発の技術ってグローバルスタンダートになれないですよね。
こういうのって使われてなんぼ、数が多けりゃデファクトスタンダードになれるのに、なーんか中途半端に商売っ気だして失敗するんですよねー。

東京オリンピックに向けて、こういう電子マネーインフラも「おもてなし」の重要なポイントだと思うので、今後の動向が気になります。

メモ。

Debian6.0でも設定したのですが、同じ設定を8.0でしたらシャットダウンしなくなりました。
で、どうやってたのかというと、起動スクリプトを/etc/rc.localに書いてました。
こんな風に。

/usr/lib/PowerActPro/MasterAgent/AgentManager start
exit 0



これやるとだめでした。シャットダウンで止まっちゃうんですよ。
なので、面倒だったんですが、ちゃんと起動スクリプトにしました。
ベースはPostgreSQLの起動スクリプトを使いました。

ちなみに、UPS管理パッケージはrpmパッケージをalienでdebパッケージに変換してインストールしました。
簡単ですね。
http://www.omron.co.jp/ese/ups/support/download/soft/poweractpro/poweractpro_master.html

power_act_pro
↑起動スクリプト

マウスのWindows Phone端末が6月2日に予約開始、国内SIMフリー 出荷開始は18日から(Impress Watch) - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00000008-impress-sci

まあ、auでも販売してましたがパッとしませんでした。
これに限らず、windowOS搭載端末は他社でも発売が予定されているので、ある程度は認知されるかな?と思います。

という訳で個人的には期待してて、マイクロソフトの方がGoogleよりプライバシーポリシー的には安心なんですが、いかんせんクラウドの質が悪い。メールなんて全然相手にならないですよ。検索とかすぐエラー起こすし。




このページのトップヘ