むー便屋さんの配達記録

とりあえず営業を開始してみました。配達時間は不定期です。配達ミスもあります。ご利用は慎重に・・・。

気になる記事やIT関連のことを不定期配送中。ご利用は慎重に・・・。

F-01FからNexus5Xに乗り換えて半年。

最初は「最新OS、最新の機能が使いたい!」という理由で選んだNexus5X。
(カメラも大きな理由の1つですが)

最近気になるのはセキュリティ。

ウィルスではありません。どちらかといえばマルウェアとかフィッシング。

iOSもですが、Androidも、公式のサイトからインストールしていれば、ウィルスである可能性はほぼないようです。あっても「マルウェア」みたいです。

2016年Androidにウイルス対策は不要?Androidとマルウェアの関係性とは?


こればかりは、インストール時に求められる権限に気を配るしかないですね。
(あとは、無名のものとかを避けるとか)

フィッシング対策としては、ブラウザが対応している場合があります。Chromeなんかそうですね。
https://support.google.com/chrome/answer/99020?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja&oco=1

なので、アンチウィルスソフト消しましたww。
そういえば過去、警告された記憶はないなーなんて思って。

で、気になるのは、OS自体のバグを付く攻撃。
これは例えアンチウィルスを入れていてもダメ。OSで穴をふさがないとどうしようもない。

Nexusシリーズは毎月セキュリティパッチが降ってくる。
今月は3月5日に更新されている。
Screenshot_20170308-114549















Androidの脆弱性107件修正、3月の月例セキュリティ情報公開


「Googleは6日、Androidの月例セキュリティ情報を公開した。Pixel/Pixel C/Pixel XLとNexusシリーズを含む「Googleデバイス」向けには、セキュリティアップデートを含むファクトリーイメージがOTAで配信される。発売から18カ月以内のAndroid One端末やGoogle Play Edition端末には、2週間以内にアップデートが提供される予定。

 端末メーカーなどのパートナー各社には2月6日までに通知されており、アップデートのソースコードがAndroidのオープンソースプロジェクト(AOSP)リポジトリに48時間以内に提供される予定。

 今回発表されたセキュリティ修正は、最も危険度の高い“Critical”11件を含む36件の脆弱性を修正する「2017-03-01」、“Critical”24件を含む71件の脆弱性を修正する「2017-03-05」の2つに分かれている。

 2017-03-01でCriticalとされる脆弱性「CVE-2016-2182」はOpenSSLとBoringSSLにおいて、脆弱性「CVE-2017-0466〜0474」の9件はMediaServerにおいて、いずれも攻撃者が細工したファイルを使ってデータ処理中にメモリ破損を引き起こし、リモートからコードを実行できる可能性のあるもの。プロセスのコンテキスト内でリモートコードが実行される可能性があるため、Criticalとされている。また、ローカルの悪意あるアプリによって、カーネルのコンテキスト内で任意のコードが実行される可能性のある回復検証中の特権昇格の脆弱性「CVE-2017-0475」も、Criticalに分類されている。



107件ですよ!!

1か月で。Winodwsだって、毎月更新されてます。
これがキャリア製スマホは、キャリアの買い替え政策のおかげで、このセキュリティパッチがほとんど適用されません。(厳密には数回は適用されますが)

F-01Fは頑張っても4.4だったので、極端な話ですが、5.0から今までに修正されたものが一切適用されてない、穴だらけのOSをインターネットにつないでいるということになります。怖い・・・。

ウィルスよりもこっちを心配しないといけないと思ったわけで。
で、結論としては「Androidのセキュリティを考えたらNexus / Pixel デバイス一択」

となったわけでした。

余談ですが、Nexus5X、高くなったなー・・・・。選択肢としては5X一択状態。
Pixelはハイエンドだから除外だし、個人的に6Pは好みじゃないし、5Xに比べて高いし。


みたいですよ。

http://umobile.jp/news/20170222/

s_mvno














これは今までSoftbankが他社に比べ、接続料が3倍〜4倍していたのですが、それがそこそこ安くなってきたために実現しました。

で、回線的には劇貧弱のSoftbank回線。エリアやインフラ的にはあまり魅力はありませんが、最大の魅力は
SoftbankのiPhoneがSIMロックの状態で使える

の1択です。

というか、これ以外ないですww

これは朗報ですね。ただ、最初はiphone用のデータ通信のnanosimだけみたいなので、通話したい人はしばらくお預けです。

日本通信経由みたいなので、その他だと、ヤマダSIM、スマモバでも開始される模様。

残念なのは「日本通信」ということ。
ここは本当に・・・・。口だけというか、設備が貧弱なので、IIJとかmineoあたりが参入するのを待った方がいいかもしれないですね。

開始が3月22日なので、情報を待ちましょう。


Nexus5Xに変え、アプリも若干変えました。

本当はもう少したくさん入れてますが、とりあえず一部のみご紹介。

ファイルマネージャー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alphainventor.filemanager&rdid=com.alphainventor.filemanager

アンチウィルス
Bitdefender Antivirus Free
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bitdefender.antivirus

ボリューム調整
音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.feel_log.volume
2017/10/3追記 Android 8.0では問題が起きます。

カーナビ
Y!カーナビ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.apps.navi

乗り換え
Y!乗換案内
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.apps.transit

プレフィックス(自分はブラステルユーザなのでww)
00イエロー(自動プレフィックス付与アプリブラステル用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kiraristar.app.plus00912020

IP電話
050Free
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.brastel.android

その他
アンケート(お小遣い稼ぎに)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.paidtasks

QRコードリーダ EQS
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eqs.apps

Wordpressに限らず、「アクセス解析」というと、ほとんどの場合Google Analyticsを使うと思いますが、analytics設置すると「PageSpeed Insights」では100点はどうやっても取れません。99点どまりです。

なぜならブラウザキャッシュの警告で1点減点されるからです。
こんな感じ。
gpsi








※自分の環境はサーバが遅いので、それですでに減点されてますが、それはとりあえず置いておきます。

このことについては、他の方も書いています。
(Googleのツール使ってGoogleの検証サイトで減点されるってなんか理不尽ですが、技術的に例外なく評価するっていうのがGoogleのやり方なんでしょうか)
しかしながら、王道から番外まで様々な方法で100点を取る方法を解説してる方もいらっしゃいます。
どうしてもGoogle Analyticsを使って100点取りたい方はそちらを参考にされてください。

自分はWordpress初心者マークが外れたばかりのペーペーで、Google Analytics?使わないところが多いからそこまで多機能でなくてもいいよ、っていう感じのレベルで考えました。

で、とりあえず試したのが、Wordpressのプラグイン「Ptengine
確かに解析コードを入れたりしないでいいから簡単なんですが、これもやはり同じ理由で減点されます。
減点数でいえばGoogle Analyticsよりも大きいです。

しかしながら、アクセス解析をしながら減点されないものもあるんです。

それは「THK Analytics」を使うことです。

これは、自分のサイトでもお世話になっている高速・高機能なテーマ「Luxeritas」の制作者、るなさんが作成されている無料の解析ツールです。

HPにも以下のような特徴が説明されています

THK Analytics には、以下のような特徴があります。


Wordpressをインストールしたことがあるなら簡単にできるということでしたのでやってみました。
(といっても、簡単インストールしかないですが)

ざっくりいうと、
 1.解析データを保管するDBを作成
 2.FTPで本体のファイル(フォルダ)を置く
 3.解析用のファイルへHTTPでアクセス!!
 4.DB接続情報を記入、ログイン用ユーザ名とパスワードを設定
 5.成功すると、解析用のタグが表示されるので、解析したいサイトに貼り付け

以上です。簡単でした。

で、「PageSpeed Insights」で測定すると・・・・
gpsi2








おお!減点がでないじゃないですか!!
これでアクセス解析できるならそれもありじゃないですか!?

なんか点数出されちゃうとちょっとでもいい点数取りたくなるんですよねー。
うーん、性格かなぁ・・・。

さあ、週明けにはサーバの移設だ!!100点になるといいなー

移転結果はこちら!!

お久しぶりですw。

ちょいと忙しすぎて書く気力もネタもなくて・・・。
完全放置でしたのでアクセスもダダ落ちですねww。

知人のサイトを、詐欺集団「トレン〇メイク」から、移行し、構築した際に、ロリポップスタンダードプランにしました。
で、いろんな評価サイトで評価しながら、サイトを構築・メンテしてきたんですが、どうも納得がいかないことが。

GoogleのPageSpeed Insightsで、サーバの反応が遅い、と。

gpsi








まー、安いし仕方ないかなーと思ってたんですが、他のWPサイトみてもそんなに遅くないし、あれれ??と思って問い合わせてみました。

すると以下の回答が。
---------------------------------
ご連絡いただいた件につきまして、お調べしたところ
ご利用のサーバーにて、負荷が高い状況を確認いたしました。

そのため、お客様のサイトの表示速度に
影響がでている状態かと存じます。

お客様へはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

つきましては、お客様のご利用環境の早急な改善のため、
負荷の低いサーバーへ移設を実施させていただきたく存じます。

サーバー移設をご希望される場合は、
お手数ではございますが、下記の注意事項をご確認の上、
ユーザー専用ページ内の『お問合せ』より移設希望日の
ご連絡をいただけますでしょうか。
---------------------------------

なんと。移設してくれるのですねー!!

安いのにサポートも充実してて、ロリポップ、選んでよかったです。
(独自SSLが高いのが難点)

続きを読む

IP-PBXで流浪の旅をしていますww。

IP-PBX(スマホ内線連携)化を検討している中で、大手キャリアの提案が全然なので自分で検証してたんですが、それぞれの特徴がなんとなくわかってきました。
一番長く検証してたのは3CXですが、今時点で思うメリットとデメリットを列挙。

(補足説明)
3CXで着信率の悪さからサーバをアップグレードしてみようかとか考えたてたんですが、どう考えてもアプリの問題だったので、解決しないだろうと諦め、旅をすることにしました。
今回は、クライアントアプリで選んでみました。アプリはAGEPhoneで国産。で、有料だけどパークやピックアップボタンがあるものもあるため、それとの親和性を重視してサーバを選定し、テストしてます。
クラウドではなく、オンプレ可能っていうのも条件です。


3CX
http://www.3cx.jp/
メリット
 ALL in One!!
  例:Push対応、独自電話帳対応、録音、デジタル受付、モーニングコール、ホテルモジュールあり、外部データの連携(ODBC、Exhengeなど)、etc・・・
 スマホアプリのプロビジョニング
 管理画面が使いやすい

デメリット
 スマホアプリの作りが悪い(いつの間にか終了していて着信しないとか、デザインもいまいち)
 導入実績例がなさすぎる
 サポートが不安(こちらの不安要素を全然取り除いてくれる気配がない)
 トランクの設定項目が少なすぎて対応できない場合がある。
  (設定項目が少ないので、設定に迷うことが少ないためそれは逆にメリットでもあるが)
 いちいち電話帳を読み込みに行くので起動が遅い!

Brekeke
http://brekeke.jp/
メリット
 Agephoneを使えばPush対応(AGEPhoneは国産!)
 海外だが導入実績の例がある(ということがわかる)
 国内でもあるらしい(H社からの特別パッケージという形で)
 Windows用がある。

デメリット
 評価版が60日という日数制限があるのに、機能まで大幅制限があってはっきり言って評価にならない。
 (例えば、Pushを試したければ買ってください、ということらしい。あほか!そのための評価版だろう!!)
 AgePhoneでPush対応なのに、AGEPhoneビジネスのパークやピックアップボタンには対応していない
 管理画面が使いにくい。
 電話帳がない


FreePBX
http://www.qloog.com/freepbx/(日本の総代理店)
メリット
 ある程度の機能が無料で使える、試せる。
 AGEPhoneビジネスのパークやピックアップボタンに対応してるらしい。
 ベースはAsteriskなので、資料が比較的たくさん見つかる

デメリット
 Push非対応
 管理ツールとAsteriskの連携がちょっと不安定っぽい。
 電話帳がない。
 日本語化が中途半端なので、若干わかりにくい部分がある。

意外とダメだったのがBrekekeです。制限ありすぎ。1日1回必ずダウンするんですよ。評価版の試用らしいですが。もうね、そこまで使わせたくないんだったら評価版出すなって感じ。その点3CXは太っ腹ですね。評価します。
メリットデメリットあって迷うところですが、スマホメインで考えるならFreePBXかなーと思って評価続行中です。
とりあえず3CXはアプリがダメダメなので、魅力半減です。そこだけなんですが・・・。

何とか着信率を上げようと、自分達でできる範囲は挑戦しましたが、限界があるため、アプリの仕様を変更してほしいと代理店や3CXにメールを送っているのですが、どちらからもスルー。やっぱり海外製品はサポートがダメダメなのか・・・。まあ、そう簡単に要求通るわけないですが、せめて返信がほしい。テンプレでもいいから。


まあ、購入してるわけではないので、半分以上聞き流されている感じはありますね。

で、今問い合わせをしている内容は3CXのアプリの仕様。
比較対象はブラステルの050Freeアプリ(AcrobisのOEM)

050Free、よくできてます。
タスクキラーしても消えないし、ネットワークの状態を監視し、変化があったら登録しなおしてるようなんですよね。ネットワークを切断するとアイコンが変化し、ネットワーク接続が復活するとまたもやアイコンが変わり、Push待機となるんです。こういった動きが着信率に大きな差になって出てると思います。

かたや3CXは、タスクキラーでほぼ100%終了します。また、気づいたら消えてることがあり、タスクに残ってるときは、050Freeと同じような再登録動作をしているようですが、タスクから消えると、アイコンは残っていても動作していないというお粗末ぶり。もうちょっと頑張ってよ。

ここを改善するだけでかなり違うと思うんですよね。
やみくもに再登録動作はバッテリーに負担をかけるので、そこはうまくやってほしいところです。

NATテーブルはだいたい15分という場合が多いため、接続情報を保持しておき、15分未満に切断前のネットワークに戻ればそのままでいいし、それ以外は再登録とかね。
それぐらいの動作ならバッテリーにもそんなに負担かけないんじゃないかと思いますがどうなんでしょうか。

あと、タスクキラーで消えないようにしてほしい。
終了はアプリの終了から行うようにすればいいわけだし、気が付いたら着信しない状態とか、業務利用には無理やって!!

3CXさん、よろしく!!

バッテリーが持たないと酷評もあるNexus5X。
先人の方々の色々な記録を参考に、自分なりに節電設定を試行錯誤しております。
Android 6以降なら標準で節電のための機能が盛り込まれているのでそれらをうまく使うことがポイントかと。


それに当たって、重要なバッテリーの状態確認アプリにはGSam Battery Monitorを使っています。

最初はBatteryMix使ってたんですが、こいつだとDozeの状態までわかるのでこちらにしました。

で、自分が行って感じたポイントを箇条書き。
 ・タスクキラー系は入れない!
 ・節電アプリもいれない!
 ・画面は暗めで自動調整ON
 ・アンビエント表示はOFF
 ・画面OFFの時間を短く(自分は30秒)
 ・データセーバーON
 ・電池の最適化をONにし、極力例外を作らない。
 ・BluetoothはOFF
 ・不要なアカウントは削除(googleアカウントでは今まで3つ登録してましたが2つにしました。)
 ・不要な同期はOFF(GoogleアカウントでいえばInboxと連絡先、アプリだけなど、同期する項目を絞る)
 ・不要なアプリは削除し、プレインやGoogleアプリで代用(Yahoo天気とYahooニュース→Googleニュースと天気で代用。Googleアプリを選択する理由としては、バッテリを異常に消費するようなおかしな作りはしないだろうという期待から)
 ・Wifiは積極的にOFF(ただし、大量のデータ通信の際は手動でON。自分はAutoMateというアプリで画面OFFでのWifiOFFを自作しました。)
 ・操作時のバイブや音はすべてOFF
 ・画面の自動回転をOFF(センサー類をできる限り使わない)
 ・ステータスバーの電池マークにバッテリ残量を通知で表示(残量を意識するためなので、節電には直接関係はないです)

といった内容です。個人的にはGPSはずっとONにしています。
GPSONとOFFだとそこまで差を感じなかったからです。また、Androidデバイスマネージャを使っているので、ONにしておかないといざという時に使えないので、総合的に判断してONにしています。

GPSの性能がいいとか悪いとか、F-12CとかSC-06Dを使ってた頃にはいろいろ試行錯誤してたんですが、その際に、スマホによってセンサーの採用メーカーが違うんだなーと思ってました。

で、Nexus5Xはどうなんだ?と。

で結果がこんな感じ。
Screenshot_20161014-144242















BoschかGoogle、一部Rohmでした。
Googleってどういうこと??型番もないのでOEMかどうかすらわからない。

公開されている搭載センサリストから推測すると、実装センサー類から計算で算出する仮想っていうか代用センサーっていうのか、なんかそれっぽい感じがするかな・・。

http://japan.cnet.com/news/service/35090357/?tag=nl

おお、早速7.1ですか!!楽しみですね。

でも開発者向けプレビュー版、試す勇気がないですね。Nexus5Xは今メインで使ってるので、何かあるとちょっと困る・・・。

でも、この辺の姿勢がAppleとの差でもあるような気がします。

できる限り多くの人にレビューしてもらってバグを洗いだすGoogleと、できる限り秘密にしてサプライズ感を出したいApple。
ここら辺の思想の違いが、文鎮化などの問題の差になったるような気がしますが、皆さん、どう思いますか??


このページのトップヘ